海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

僕の偏差値が70を超えた【本当にやってよかった5つの勉強法】


スポンサードリンク

f:id:benkyouseisekiup:20200726182331j:plain

ヒラです!

 

今回は3人のために書きました。

====================

①短期間で偏差値を爆発的に伸ばしたい人

②本当に効果的な勉強法が知りたい人

③偏差値70超えのトップ校を目指している人

====================

 

僕は学生時代、

まったく勉強で結果が得られませんでした。

 

一部の教科では

偏差値70を超えましたが、

全教の総合偏差値はまったく超えていません。

 

なぜか?

 

結果の出ない勉強しか

していなかったからです。

 

僕はずっとこのことに気づかず

学生生活を終えました。

 

今になって思うのは

「自分はめちゃくちゃアホだった」

ということです。

 

でも当時は

「自分がやっている勉強は正しい」

と思い込んでいたんですよね。

 

勉強へのやる気はかなり高かったので

ムダに勉強時間は長かったです。

 

でも

質の低い勉強しかしていなかったので

偏差値UPにはつながりませんでした。

 

実は

こういう人は多いです。

 

「勉強しているのに結果が出ない」

という人です。

 

勉強は

やったらやった分だけ伸びるのではありません。

 

勉強は

正しくやったらやった分だけ伸びます。

 

僕の偏差値が爆発的に伸びたのは

塾講師になってからです。

 

「塾講師」って、もともと優秀な人、

勉強で困ったことなんてほとんどない人が

基本的になる職業でです。

 

僕は真逆ですw

 

勉強で困ったことしか

ありませんでしたのでw

 

今回ご紹介する勉強法は

そんな塾講師になってから

雷に打たれたような事実に気付かされた

本当にやってよかった5つの勉強法】です。

 

そして

僕の偏差値が急上昇し、偏差値70を余裕で超え、

どこの学校にも合格できるまでに至った勉強法です。

 

  • 勉強に自信がない人
  • どんなに勉強しても結果が出ない人
  • 勉強への不安を尽きない人

の大きな助けになるはずです。

 

僕は変われました。

 

次はみなさんの番です。

 

ではいきましょう!

 

目次 

 

◆僕の偏差値が70を超えた【やってよかった5つの勉強法】f:id:benkyouseisekiup:20200916093950j:plain

まずは一気に5ついきます。 

 

===

①徹底した暗記

②解説の熟読

③解き方への執着

④教える勉強法

⑤難問との格闘

===

 

順番に解説していきます。

 

①徹底した暗記

暗記なくして

偏差値は上がりません。

 

暗記は、勉強の基礎です。

 

ここをサボったり、

「イヤだ」「やりたくない」とか

言っていると、

もう偏差値は一生上がりません。

 

サッカー上手くなりたいのに

「ボール1秒も蹴りたくない」と

言っているのと同じことです。

 

勉強で

暗記しないことなんてありえません。

 

どの教科でも

必ず覚えなければいけないものはあります。

 

だから

ここから逃げてはいけません。

 

よく

自分は暗記が苦手で...」と言う人がいますが、

暗記が苦手な人なんてこの世に1人もいません。

 

ただやっていないだけです。

 

暗記の公式は

テスト×回数です。

 

テストとは

問題を見て、答えを考え、思い出すこと。

 

これをただ繰り返すだけ。

 

以上。それだけです。

 

覚えられないのは

  • テストしていないか
  • 回数が少なすぎるか

のどちらかです。

 

これ以外にありません。

 

誰でもできます。

 

やるかやらないか」だkです。

 

僕は、

『システム英単語』という

英単語帳を極めました。

  

「これゴミか!」っていうくらい

ボロボロになるまで使い続けましたw

 

3年間使い続け、表紙が取れました。

 

テープで貼りました。

 

真っ二つに割れました。

 

テープで補強しました。

 

次は違うところのページが割れました。

 

強力なテープで補強しました。

 

手あかで独特の匂いを放出する

単語帳ができあがりました。

 

買ったときとくらべて、色が変わり、

「色違いの単語帳」ができあがりました。

 

でも使い続けました。

 

母親からは

「もう、そんなボロボロ使ってやんと

新しいやつ買いや」と言われました。

 

でも使い続けました。

 

友達からは

「お前の単語帳ボロボロすぎやろw、

何やねんそれ!w」と笑われました。

 

でも使い続けました。

 

そして極めました。

 

もう英単語に困ることはなくなりました。

 

何回反復したのかもわかりません。

 

100回は余裕でやっていたと思います。

  

1冊の問題集を

ボロボロのヨタヨタのズタズタに

なるまで使い続けてください。

 

問題を見たら1秒以内に正しい正解が

弾き出せるまで反復してください。

 

そして

1冊をカンペキに丸暗記してください。

 

今お手元の教材のみを

1点集中で毎日毎日テストを繰り返し続ける。

 

これが

偏差値70を超えるための絶対条件です。 

 

②解説の熟読

今まで数多くの生徒を指導してきましたが、

本当にこれができている人は少ないです。

 

解説は

偏差値UPの宝庫です。

 

ここをじっくり読まないなんて

あり得ないです。

 

偉そうに言っている僕ですが、

これをやったのは塾講師になってからです。

はい、すみませんw

 

もうこの記事に出会っちゃった時点で

解説熟読

これからのマストの勉強にしてください!

 

これは約束です。

 

  • 約束守れば偏差値上がる
  • 約束破れば偏差値上がらない

 

こう思ってください。

 

うっとおしいこと言ってくる

近所のオヤジみたいですみません。

 

僕は近所のハゲた丸顔オヤジでも

何でもいいので

とにかく解説を熟読してください。

 

解説の熟読は

本当に偏差値UPを加速させる上での

超重要勉強法なんです。

 

合っている問題も間違っている問題も

しっかり読み込んでください。

 

自分の考え方と一致していたか

ズレがなかったかを確認するためです。

 

合っていたけど考え方違った

なんてことは普通にありますので。

 

このときは

素直に解説の解き方を吸収してください。

 

解説の解き方は

最短ルートで最も正しい解き方ですので。

 

つまり、これを取り入れることで

「偏差値UPに大きく貢献する」ということです。

 

一言一句、丁寧に読みます。

 

1つ1つ時間をかけて

じっくり理解していきます。

 

頭を働かせるんです。

 

脳みそフル回転させるんです。

 

思考停止になってはいけません。

 

常に

  • 「なぜ?」
  • 「どうやって?」
  • 「ポイントは?」

の3点を考え続けます。

 

解説で「?」が出てきたら

「?部分」に線を引いて

付箋を貼っておきます。

 

そして

先生や親や友達に聞いて解決するんです。

 

とにかく

じっくり、丁寧に、慎重に」です。

 

僕がいつも言っている

「1冊を極める」とは

「①徹底した暗記」と

「解説熟読▶︎理解▶︎暗記」までを含みます。

 

これを忘れないでください。

 

最後の「解説暗記」が次です。 

 

③解き方の暗記

「解説熟読」が完了すれば

次はその解き方を暗記していきます。

 

ここで重要なことは

解説の全理解なしに暗記してはいけない

ということです。

 

勉強の基本的な流れは

理解▶︎練習です。

 

まず理解なんです。

 

だから

③で「解説熟読」をしてもらったんです。

 

理解したことを

暗記する練習をする。

 

これが基礎となり、

偏差値をぶち上げます。

 

僕はこうやって

偏差値をぶち上げました。

 

解説をカメの速度で

ゆっくりゆっくり読みまくり、

また戻って読み返し、理解する。

 

そして

「あ!そう解くのか!」と納得する。

 

これをその場で暗記する。

 

また見返しように

線を引いて、ふせんを貼っておく。

 

ノートに書き込んでおく。

 

単語カードに落とし込む。

 

とにかく塾講師時代に

ありとあらゆることをして暗記し倒しました。

 

これが僕の土台をガチガチに固め、

偏差値を急上昇させる大きなきっかけになりました。

 

解説を理解したら

速攻で解き方暗記に取りかかります。

 

ではここからレベルを上げます。

 

そして、ここからが

僕の偏差値70超えを達成した

本当にやってよかった勉強法の真髄です。

 

④教える勉強法

生徒と先生の違い。

 

それは

  • 教えられる側か
  • 教える側か

です。

 

断言します。

 

教える側に回った瞬間、

人生は変わります。

 

これはオーバーではありません。

 

当たり前ですが、

教える側は、教えられる側のことを

考えないといけません。

 

  • どうすれば理解してもらえるか?
  • 言葉の言い回しはどうしようか?
  • 何を伝えようか?

など、とにかく考えないといけません。

 

1問への時間もかけますし、

調べものもするし、

話の構成も考えます。

 

勉強の質

爆発的に上がっているんです。

 

こんな勉強が日常茶飯事あれば

偏差値はうなぎ上りに上がっていきます。

 

僕は塾講師になっ多時点で

「生徒に教えないといけない」

と言う状況になったので

自然と質の高い勉強ができるようになったんです。

 

では「教えられる側」である

みなさんの場合は

どうすればいいのか?

 

 

2つです。

 

===

①自分で説明して勉強する

②説明をすべて書く

===

 

声に出すか、書くかです。

 

「③解き方の暗記」を

何も見ずに自分で声に出して説明するんです。

 

それがやりづらければ

解き方や考え方を

誰にでも伝わる形で言語化するんです。

 

ただ勉強効率が良いのは

声に出して説明するですね。

書く必要がないですので。

 

もっというと

頭の中で説明する」でもいいです。

 

ただはじめのうちは

声に出すか、書くかをしたほうがいいですね。

 

⑤難問との格闘

①〜④で基礎がガチガチに

固まりました。

 

正直ここまでやれば

偏差値は爆発的に上がっています。

 

さらに最後の詰めです。

 

固めた基礎、自分の武器を

どんどん使いこなしていく練習をします。

 

それが「難問との格闘」です。

 

レベルの高い敵と戦うから自分が強くなる

というゲームと同じです。

 

  • 最高水準問題集
  • ハイクラス徹底問題集
  • 上級問題集
  • 全国入試問題正解
  • 志望校の過去問

などの高校受験用の問題集を使って

強い敵とどんどん格闘していきます。

 

レベルの高い敵・強い敵=入試問題

です。

 

いろんなアプローチを試して

思考し続けます。

 

この思考訓練の継続により

偏差値はぐんぐん向上していきます。

 

そして、格闘後は解説熟読により

  • 固めた基礎の使い方
  • レベルの高い問題の解き方

を吸収していってください!

 

◆まとめ

今回は 

 

僕の偏差値が70を超えた

【本当にやってよかった5つの勉強法】 

 

というテーマでお話ししてきました。

 

===

①徹底した暗記

②解説の熟読

③解き方への執着

④教える勉強法

⑤難問との格闘

===

 

この5つの勉強法で

凡人だった僕ですが、

偏差値70を超えることができました。

 

10年近くかかりましたが、

本当にやってよかった勉強法でした。

 

毎年多くの受験生の偏差値70超えも

息をするように当たり前に達成しています。

 

僕自身

「偏差値70なんてとてもムリ...」から

「偏差値70超えられないはずがない」

と大きく考え方が変わりました。

 

次はみなさんの番です。

 

何から開始しますか?

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

【受験の極意】を発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

  

◼︎LINE@
(偏差値をバク上げする考え方や勉強法をお届けします!

個別で質問対応もしています!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun