海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【英単語の覚え方】中学生が1か月で1000単語覚える具体的勉強法


スポンサードリンク

f:id:benkyouseisekiup:20200715184935j:plain

ヒラです!

 

今回は4人のために書きました。

====================

①単語の覚え方を1から知りたい人

②短時間で大量に単語を覚えたい人

③覚えるのが苦手な人

④1か月で1000単語覚える方法が知りたい人

====================

 

中学生が抱える悩みの上位を占めるのが

単語がなかなか覚えられません」。

 

今回は

この悩みを完全解決します。

 

単語を覚えることに

才能もセンスも能力も必要ありません。

 

すべては「覚え方」です。

 

「覚え方」さえ間違わなければ

単語は誰でも

ガンガン脳みそにぶち込んでいけます。

 

1日30分でOKです。

 

やり方も超シンプルです。

 

とにかくこれだけ実践してください!

という方法をお伝えします。

 

  • 1日何個を覚えていけばいいのか?
  • どれくらいのペースでやっていけばいいのか?

まで具体的にお伝えしますので

ぜひ最後までご覧ください。

 

1か月で1000単語の暗記を達成しましょう!

 

ではいきます!

  

目次 

 

◆ 【英単語の覚え方】中学生が短時間で1000語以上覚える方法f:id:benkyouseisekiup:20200715190213j:plain

結論からいきます。

 

1か月で

1000単語を覚える方法とは

 

===

高速で

テスト×回数をする

===

 

です。

 

具体的にいきます。

 

まずは

それぞれの言葉の説明をします。

 

高速」とは?

▶︎1単語につき3秒のペース。

3秒で答えが出ないものは覚えていないと心得る。

 

テスト」とは?

▶︎問題を見て、答えを考え思い出すこと。

 

回数」とは?

▶︎テストをしつこく繰り返すこと。

 

「英単語の暗記」は

この3要素がそろってはじめて

最大の成果が見込めます。

 

逆にいうと

これらができていないと

なかなか効果は得づらいです。

 

===

速くテストを繰り返す

===

 

これです。

 

1時間の中で

3回単語に触れた人

10回単語に触れた人とでは

とうぜん後者の方が単語を覚えられます。

 

これが

速く繰り返すということ。

 

1時間の中で

テストせずにただボーッと眺めた人

テストして考えた人とでは

とうぜん後者の方が単語覚えられます。

 

これが

テストするということ。

 

このことを忘れないでください。

 

ではもっと具体的にいきます。

 

高速で単語を覚えていく中での

超効果的アイテムが 

メトロノーム」です。

 

YouTubeで

20BPM」と検索してみてください。

 

これを流しながら

単語を覚えていきます。

 

ただ広告が入ったりするので

それがうっとうしい人は

Kingboxというアプリをインストールして

そこに「20BPM」の動画をダウンロードすればOKです。

 

Kingboの使い方は

以下を参考にしてみてください。

 

「20BPM」とは

「1分間の中で20回同じ間隔で音が鳴る」

ということです。

 

要は

3秒に1回音を鳴らしてくれます。

 

この音に合わせて

単語を覚えて、進めていきます。

 

20BPMメトロノームを鳴らしながら

 

===

3秒で1単語

▶︎1分で20単語

▶︎5分で100単語

===

 

5分を1セットとします。

 

これを30分6セットします。

 

つまり、

30分の中で100コの単語を

6回テストできる

ということになります。

 

たった30分ですが、

ここまでやればかなり覚えられます。

 

3秒の中で徹底してやることは

テストですが、ここでは

 

===

問題を見て、答えを思い出す

===

ことを必ず守ります。

 

「思い出す」ときに記憶が強化されます。

 

3秒の中で思い出さないといけないので

頭をめちゃくちゃ使いますが、

思考スピードを上げる訓練だと思って

トライしてみてください。

 

赤シートや手や紙で隠すなりして

答えが見えないように注意します。

 

そして

3秒経てば答えを見て次の単語に行く。

 

この繰り返しです。

 

1日100語ですので

10日で1000語です。

 

これを1か月の中で

3回転させる計算になりますので

1か月で(1日6回×3回転=)18回

英単語を繰り返すことができます。

 

これだけやっている人はまずいないし、

やればまず間違いなく覚えられます。

 

◆補足事項f:id:benkyouseisekiup:20201001103323j:plain

単語はまずは「意味」が出てくることが

大前提ですので

まずはそこから始めてください。

 

なんなら1か月間

それだけでもいいくらいです。

 

ただあまりに簡単すぎれば

2回転目以降は日本語→英語に切り替えてもOKです。

 

その場合、

スペルを「3秒の中で思い出す

というなかなかハードな条件が付きますが、

それほど気にしなくてOKです。

 

「ぼんやりスペルを思い出し、

サクッとみて確認する」程度で十分です。

 

次に回数をこなすうえで

どうしても覚えられないものが出てきます。

 

こういった単語は

蛍光ペンででもサクッと塗っておき、

単語カードに

落とし込んでおくことをおすすめします。

 

これにより

自分だけの単語帳ができて本当に

覚えないといけない単語のみに絞り

暇さえあればパラパラして覚えること

をすれば勉強が効率化します。

 

「単語カード」については

過去動画で詳しくお話しています。

 

 

 

また今回ご紹介した方法は

ほかの教科でも使えますね。

 

特に社会や理科など

一問一答式の用語などですね。

 

理科・社会が

苦手な人、覚えるのが苦手な人は

ぜひ使ってみてください。

 

◆まとめ

 今回は

 

【英単語の覚え方】

中学生が1か月で1000単語覚える具体的勉強法

 

というテーマでお話してきました。

 

===

高速で

テスト×回数をする

===

 

メトロノームを使えば

それが可能です。


===

1か月の中で

10日で1000語を3セット回転させ

合計で18回繰り返す

===

 

これが具体的な勉強法です。

 

他教科でも応用可能ですので

覚えたい数や回転数を変えて

自分なりにカスタマイズして使ってみてください。

 

暗記を得意に変えて

成績・偏差値をぶち上げていきましょう!

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を毎日発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

  

◼︎LINE@
偏差値をバク上げする考え方や勉強法をお届けします!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun