海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【全中学生必見】絶対にやるべき勉強【2つの〇〇化】で偏差値爆上げ!

f:id:benkyouseisekiup:20201009105808j:plain

ヒラです!

今回は3人のために書きました。

=================

①偏差値を爆上げしたい人

②周りを圧倒する勉強法が知りたい人

③第1志望校に合格したい人

=================

 

断言します。

 

今回の勉強法を実践すれば

間違いなく偏差値は跳ね上がります。

 

2つでいいです。

 

2つを意識して

愚直にコツコツ淡々と

継続してください。

 

僕は毎年中学3年生の

  • 偏差値70超え
  • 偏差値爆上げ

に成功していますが、

やってもらっていることは

大きくいうと

今回ご紹介する2つだけです。

 

ですので

僕と中学3年生が毎年やっていること

とも絡めてお話ししていきます。

 

・何やってもうまくいかない人

・勉強に不安を抱え悩んでいる人

・偏差値UPに苦戦している人

はぜひ最後までご覧くださいね、

 

ではいきましょう!

 

目次 

 

◆【全中学生必見】絶対にやるべき勉強【2つの〇〇化】f:id:benkyouseisekiup:20201009105441j:plain

結論からいきます。

 

【全中学生必見】絶対にやるべき勉強

【2つの〇〇化】 とは

 

血肉化

言語化

 

です。

 

順番に解説していきます。

 

①血肉化

血肉化とは

自分のものとして取り込むこと。

肉体の一部のようにすること。

 

みなさんには

様々な血肉化されていることがあります。

 

たとえば、「自分の名前」。

あなたの名前は何ですか?

と聞かれれば、

〇〇です」と即答できますよね。

 

たとえば、「自分の誕生日」。

あなたの誕生日は何ですか?

と切れれば、

〇月○日です」と即答できますよね。

 

これが、血肉化です。

 

つまり

即答できる状態です。

 

勉強において

この「即答できるかどうか」は

めちゃくちゃ大切です。

 

即答できる力」が

テスト本番で使える力だからです。

 

だからこそ

僕はここに徹底的にこだわっています。

 

中学3年生には

7月〜8月に基礎をガチガチに固めて

極めてもらいますが、

ここでやっていることが血肉化です。

 

授業で解説したことを

すべて丸暗記してもらっています。

 

そして

必ずテストしています。

 

ノートに書いたことの中から

ランダムに僕が問題を出して

その場で何も見ずに即答してもらうテストです。

 

僕:「〜に着く」3つは?

生徒:get to、arrive at [in]、reach

 

僕:名詞を修飾する働きのある品詞5つは?

生徒:形容詞、分詞、関係代名詞、前置詞、不定詞

 

僕:第5文型の動詞6つは?

生徒:make、call、 name、keep、leave、find

 

こんな感じでテストしていき、

10問出して、1問でも10秒詰まって

出てこなかったらアウトです。

 

夏休みは比較的時間があるので

繰り返しまくってテストし続けます。

 

そして、夏休み中に

5回クリアすることをノルマにしています。

 

この5回というのが重要です。

 

気になる人は

過去動画をご覧ください。

 

これ知らなきゃ大損!最強の勉強テクニック【集中学習】と【分散学習】

 

なかなかクリアできない人は

30回くらい再テストになったりします。

 

「もう出す問題ないわ!」と

「また会ったな。顔、見飽きたわ。」と

冗談かましながらテストしていますw

 

こんな感じで、

2ヶ月間

授業内容を丸々脳みその中にぶち込み、

完全インストールする。

 

これが血肉化です。

 

即答できなければ意味がありません。

 

即答できないものは使えません。

 

この状態になるためには

テストを繰り返すことです。

 

テストしないと覚えられません。

 

「問題を見る▶︎答えを考える」。

 

この鬼リピートです。

 

テストする中で

「思い出す」という

脳の使い方をするから

記憶から引っ張り出せます。

 

テストが

記憶からの引っ張り出し方」を

教えてくれます。

 

よく「何回テストしたらいいですか?」

という質問がきますが、

 

本質的な答えは

血肉化するまでです

が答えです。

 

よく「7回やれば覚えられます」

とかありますが、

これは平均的な数値で

全員に当てはまるものではありません。

 

僕は中学生の頃、

本当に物覚えの悪いおじいちゃん

みたいな中学生でしたので

30回くらいしないと覚えられませんでしたw

 

人より何倍も努力しないと

できなかった劣等生だったんです。

 

だからこそ

「すぐに覚えられる」なんて

1ミリも思っていません。

 

僕は自分のことを本気で

「バカ」だと思っていますので

基準値が自然と高くなっています。

 

先生、5回やったけど覚えられません...

とかいう生徒がいると

正直

何いってんの?」と思ってしまいます。

 

「あと2倍やらんかい!」って

冗談めかして突っ込みます。

 

このように

血肉化するためには

基準値を上げる」ことがとても重要です。

 

基準値を上げるからこそ

自分はまだまだなんだ」と

謙虚でいられて継続力も上がります。

 

徹底的に

  • 1冊を血肉化する
  • 学校、塾の教材を血肉化する
  • 過去問を血肉化する

 

これら

すべてが基礎になります。

 

僕が

100万回言っている「基礎」です。

 

そう。

 

血肉化すれば

基礎がガチガチに固まるんです。

 

もうこれだけで

偏差値が跳ね上がります。

 

特に

偏差値30〜50の人が

「血肉化」をするだけでも

偏差値10とか、

すごければ20とか平気で上がります。

 

さて。何を血肉化しますか?

 

②言語化

言語化とは 

言葉で表現すること。

感情や直感的なものを

説明・伝達可能にすること。

 

偏差値70を超えられるかどうか

の分かれ目だと思っています。

 

要は、頭を使っているか否かです。

 

暗記していれば解けるような問題以外の

思考力を使うような問題」は

すべて言語化して答えられなければ

本当の意味で正解したことにはなりません。

 

もっというと

問題を見て1回から10までの解き方

説得力のある一貫した説明ができなければ

いけません。

 

自分が喋った内容を

すべて「文字起こし」した時に

全員を納得させられるかどうか。

 

これが言語化です。

 

授業内で

よくいる中学3年生のお話しをします。

 

僕「この答えは?」

生徒「〇〇です」

僕「OK。なんでそうなった?どうやって解いた?」

生徒「え?いや...なんとなくこうかなと...」

 

こういう生徒は

偏差値70を超えられません。

 

「言語化」できていないからです。

 

なぜこれほど

言語化すること」が重要なのかというと

  • 安定した高い正答率をたたき出せるかどうか?
  • 応用問題や難問に立ち向かえるかどうか?
  • 偏差値を爆上げできるかどうか?

に大きく関わるからです。

 

きちんとした

理由理屈を持って、

答えを出せればとうぜん正解に向かいますし、

 

たとえそれが間違っていたとしても

自分と解答解説との

「ズレ」がすぐに修正できます。

 

でも

感覚」や「なんとなく」で

問題を解いていると

この「ズレ」に気づけません。

 

理由や理屈がない、

ぼんやりしているからです。

 

そして

深い理解が得られないので

次の問題につながらないんです。

 

基本ができるけど応用ができない」、

問題をひねられるとできない

という人がいるのはこのためです。

 

要は、普段から

  • 言語化する
  • 頭と使う 

ことができていないんです。

 

であれば

今から「言語化」して

勉強すればいいだけです。

 

具体的に言語化する方法は

 

===

解き方や考え方を

書きながら解く

===

という方法です。

 

自分で解説を再現するイメージです。

 

時間がなく、めんどくさければ

自分で解説を説明しながら問題を解く

または誰かに説明する

でもOKです。

 

とにかく

論理的で誰もが納得する解説を

自分がするんです。

 

こういう勉強が当たり前になれば

応用問題にも対応できる力が身につきます。

 

学校の先生や家庭教師、塾の先生に

余裕でなれますよw

 

僕が主に「言語化」を使うのは

授業です。

 

とにかく生徒の頭を使わせます。

 

  • なんで?
  • どうやったん?
  • どこに注目したん?
  • ポイントは?
  • 解き始めは?

 

質問攻めにします。

 

授業は

・その場で覚える場

・頭を使う場

です。

 

このコミュニケーションをとることに

僕は必死です。

 

授業だけで

「偏差値が上がること」を目指しています。

 

「言語化」が

これを可能にしてくれます。

 

授業で言語化する方法を

教え、自習で練習してもらう。

 

これにより

偏差値70超えを毎年達成しているんです。

 

これから問題を解くときは

「言語化」することに

こだわってみてください。

 

習慣になるまで続けてみてください。

 

間違いなく

これまでの結果が大きく変わります。

 

◆まとめ

今回は

 

全中学生必見】絶対にやるべき勉強

【2つの〇〇化】で偏差値爆上げ!

 

というテーマでお話ししてきました。

 

  • 血肉化
  • 言語化

 

たったこの6文字の実践が

勉強人生を大きく変えます。

 

今の自分を押し上げる

原動力になります。

 

本気で達成したい目標が

あるのであれば即行動です。

 

何から開始しますか?

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

【受験の極意】を発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

  

◼︎LINE@
偏差値をバク上げする考え方や勉強法をお届けします!

個別で質問対応もしています!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun

 

 ▶️塾なしの自宅だけの自主勉強で偏差値70を超える勉強方法を知りたくありませんか?今だけ無料で「偏差値70を超える考え方・勉強方法」を公開しています。こちらよりお受け取りください。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  

【本邦初公開!】

500人以上の生徒を10年間指導してきて明らかに!

偏差値70を超えるための育成プログラム

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3