海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【中学生の勉強法】基礎を極めて偏差値を上げる方法【〇〇思考】

f:id:benkyouseisekiup:20200916093950j:plain

ヒラです!
 

今回は3人のために書きました。

================

①基礎の極め方を知りたい人

②短期間で偏差値を上げたい人

③正しい勉強法が知りたい人

================

 

どうやったら

成績・偏差値上がりますか?

 

僕の答えは

決まっています。

 

基礎です。

 

これ以外ありません。

 

基礎ができれば

解ける問題が増えます。

 

とうぜん

成績・偏差値は上がります。

 

でも多くの成績・偏差値に悩む中学生は

「基礎」をおろそかにしています。

 

「基礎?そんなのだいたいできてるから

むずかしい問題にチャレンジさせて」

 

伸びない人の特徴です。

 

基礎は極めるものです。

 

「極める」とは

自力ですべてできる状態にすること」です。

 

この状態にすることこそが

成績・偏差値を大きく伸ばします。

 

そして

第1志望校合格へとつながります。

 

今回はそんな、

勉強における最重要事項

「基礎」を深く掘り下げます。

 

【〇〇思考】を徹底して

勉強することで「基礎」は

ガチガチに固まっていきます。

 

ではいきましょう!

 

目次 

 

◆基礎を極める【〇〇思考】f:id:benkyouseisekiup:20200916094908j:plain

結論からいきます。
 

基礎を極める【〇〇思考】とは

 

マネ思考

 

です。 

 

コピー機

イメージしてください。

 

たとえば、

プリント1枚をコピーする場合。

 

===

プリント設置

▶︎ボタン押す

▶︎同じもの出てくる

▶︎完了!!

===

 

この流れですよね。

 

設置したプリントと

違うものなんて出てきませんよね。

 

もし出てきたら

めちゃくちゃ怖いですw

 

上記の4ステップにより

コピーできます。

 

これが

マネ思考へとつながります。

 

つまり、どういうことか?

 

まったく同じように

完コピするんです。

 

  • 寸分の狂いがあってはいけません。
  • 漏れてはいけません。
  • 抜けがあってはいけません。 

 

だって

コピーするんですから。 

 

では何をコピーするのか?

 

基礎です。

 

基礎とは

  • 先生の解説
  • 参考書の解説

の2点です。

 

この2点を

コピー機のように

完コピするんです。

 

この考え方が

マネ思考です。

 

マネ思考を常に持って

勉強できるか否かによって

基礎を極めることができるかどうか

完全に決まります。

 

そして

偏差値を上げられるかどうか

まで影響します。

 

最終的には

が決まります。

 

それほど重要な思考です。

 

以上、質問回答形式でまとめます。

===

どうやったら

成績・偏差値上がりますか?

▶︎基礎を極めてください。

▶︎どうやって基礎を極めますか?

▶︎マネ思考で勉強してください。

===

 

では次に

「マネ思考」を取り入れた

具体的勉強法をお伝えします。

 

◆具体的勉強法f:id:benkyouseisekiup:20200910010057j:plain

マネする上で最も重要なのは

解説です。

 

解説がすべてです。

 

「基礎とは?」のところでお話しした

  • 先生の解説
  • 参考書の解説

です。

 

この解説を

完全再現できるようにすることが

目標です。

 

そのためには

解説をインストールしないといけません。

 

それも

すべてカンペキに。

 

これを可能にするためには

3つの段階」が必要になります。

 

  1. 理解
  2. 練習
  3. 反復

です。

 

「数学」を例にお話しします。

 

======================

(問題)x=−3のとき次の式の値を求めなさい。

x2−2x+5

 

(解説)

xが負の数の場合、(  )をつけて代入する。

x2−2x+5

=(−3)2ー2×(−3)+5

=(−3)×(−3)+6+5

=9+6+5

=20

======================

 

では、まず「理解」から。

 

===

「式の値」、(  )をつけて、

代入する、式の意味

===

 

これらが

すべてどういう意味か?

を理解することから始めます。

 

===

代入する...式の中の文字を数字に置き換えること

式の値...代入して計算した結果

(  )をつけて...負の数なら(  )つけるんやな

式の意味...式は=を左に揃えて書くんやな。

2乗の時は同じ数を2回かけるんやな。

符号に注意やな。

===

 

こんな感じで

解説を細分化していきます。

 

解説の一言一句を

吸い尽くすイメージです。

 

これは「数学」に限らず

全ての教科に対して言えます。

 

なので基本

全ての教科で使っていきます。

※国語・英語のみ一部例外

 

問題には

必ずポイントがあります。

 

ここを理解して

確実に押さえるんです。

 

これができていない人って

本当に多いんですよね。

 

  • 解説を適当に読んでおしまい。
  • サラッと読んでおしまい。

 

最悪の場合、

解説を読まなかったりします。

 

だから

「理解」が中途半端になる。

 

この状態で

練習しても定着しません。

 

とうぜん、基礎は固まりません。

 

まずは解説をすべて理解してください。

 

ポイント、なぜ?、どうやって?

に注目して完全に納得するまで

解説を熟読します。

 

解説がなかったり、わからなかったら

必ず調べるか質問しするようにしましょう。

 

めんどくさくて大変ですが、

ここをサボると終わります。。。

 

次に「練習」と「反復」。

 

上記の「数学の解説」を

何も見ずに自力で

ノートに再現していきます。

 

解く時は

必ず「理解」したことを生かして

ポイント?、なぜ?、どうやって?

の3点を解決しながら解いていきます。

 

とにかくマネ思考です。

 

完全再現です。

 

いったんすべて再現できたら

解説を見て、確認します。

 

ここでも

マネ思考」です。

 

完全にマネできたかどうか

を確認します。

 

先ほどの数学の例でいうと

  • 式の書き方は正しいか
  • (  )はつけて計算できたか
  • 2乗の計算はあっていたか

を事細かに確認していきます。

 

要は

間違い探しです。

 

「自分の解説」と

「先生や参考書の解説」を

横に並べて、どこが違うのか?

をガン見して探します。

 

こういう「地味な作業」が

基礎を着実に固めていきます。

 

ここで

こういう質問がよくきます。

 

ちょっとズレました。

ちょっとだけなんですけどいいですか?

 

はい、ダメです!

絶対にダメです!

 

今回のテーマは

基礎を極める」ことです。

 

自分なりの解釈や

解き方・考え方は放棄してください。

 

厳しいことを言いますが、

自分のやり方は不要です。

 

僕は

「マネ思考」を持てなかったせいで

問題に正解できず、

なかなか点数が上がらない生徒を

本当にたくさん見てきました。

 

教えた解き方とは

違う解き方、自己流のやり方。

 

これでうまくいく人は

ごく少数です。

 

少しのズレが

大きなズレになります。

 

「少しのズレ」を

見逃してはいけません。

 

考え方のズレや抜けがあれば

赤ペンで即修正します。

 

理解を固めるために

ポイントを書き込んでおく

のがオススメですね。

 

===

理解

▶︎自力で解く

▶︎解説との比較

▶︎ズレの修正

===

 

この繰り返しをして

反復します。

 

最後に「教科別」にお話しします。

 

  • 国語...漢字・語彙
  • 英語...単語・熟語
  • 数学...公式・用語
  • 理科、社会...用語

などの

暗記系は自分で何度も書いて練習するか、

単語カードに落とし込みます。

以下の記事も参考にしてみてください。

 

  • 数学...基本全ての問題
  • 国語、英語...文法
  • 理科...計算問題や文章題

は今までお話ししてきた通りに

「マネ思考」を使って

解説を完コピしていきます。

 

  • 国語、英語...文章題・読解・長文

は、

解説の理解

▶︎解説の考え方を書いて答えを出す

をしていきます。

 

文章を読んで答えを出す国語や英語は

はじめのアプローチから答えまでの道筋を

線で結ぶ「線的思考」がとても大切です。

 

これは

数学などの教科とは違って

解説をもれなく吸収するというよりは

解説のポイントとなる考え方を吸収します。

 

そもそも

国語や英語の文章問題の解説を

一言一句、再現することは

ほぼ不可能ですのでw

 

ポイントとなる考え方

をマネして練習します。

 

===

問題を見る

▶︎ポイントをズラさず説明を書く

===

 

頭で考えると、ぼんやりして

言葉として可視化されませんので

ノートに解説のポイントを書いて

言語化します。

 

  • 本文〇段落の△行目に書いてあるから〜
  • この接続詞に注目すると〜
  • キーワードは〇〇で〜

というように

「どうやってその答えになったのか」を

ひねり出して説明を書いていきます。

 

すべて

「解説」がベースにあります。

 

解説の熟読により

この完コピを行なっていきましょう。

 

◆まとめ

今回は

 

【中学生の勉強法】

基礎を極めて偏差値を上げる方法

【〇〇思考】

 

というテーマでお話ししてきました。

 

基礎は

今回ご紹介した「マネ思考」を

取り入れた「解き方のストック」により

ガチガチに固まっていきます。 

 

もれなく、ぬけなく、ズレなく

を意識して、

そして「カンペキ」を目指して

基礎を極めていきましょう!

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・Himalaya・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を毎日発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

 

◼︎Himalaya

(偏差値の上がる考え方や勉強法、

よくある勉強の悩みを

ラジオ形式で毎日更新しています!)

https://www.himalaya.com/education-podcasts/2288212?Share_from=App&Influencer_uid=4120685&Share_to=More&lang=ja

 

◼︎LINE@
偏差値をバク上げする考え方や勉強法をお届けします!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun

 

 ▶️塾なしの自宅だけの自主勉強で偏差値70を超える勉強方法を知りたくありませんか?今だけ無料の「偏差値70を超える考え方・勉強方法」が無料で公開されています。こちらよりお受け取りください。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  

【本邦初公開!】

500人以上の生徒を10年間指導してきて明らかに!

偏差値70を超えるための育成プログラム

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3