海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【勉強のやる気が出ない人へ】自分を動かす◯◯◯でやる気を加速!

f:id:benkyouseisekiup:20200220133151j:plain

こんにちは、ヒラです!

 

今回は

 

【勉強のやる気が出ない人へ】

自分を動かす◯◯◯でやる気を加速!

 

についてお話ししていきます!

 

 

今回は

はじめに厳しいことを言います。。。

 

行動力のない人は上手くいきません。

 

当たり前ですが、

家でゴロゴロしていても夢は叶いません。

 

漫画じゃないので(笑)。

 

日本一の大富豪である斎藤一人さんも言っています。

 

この世は、行動の星。

 

行動量を上げていきましょう!

 

そんなこと言ったって

 

  • なかなか行動できない。。。
  • やる気が上がらない。。。

 

と言う人もいると思いますので

方法をお伝えしていきます。

 

本記事を読むことで

 

今までと比べて格段に行動できます!

✅勉強のやる気が上がります!

✅スムーズに勉強できる方法がわかります!

 

ぜひ続きを読み進めてくださいね!

 

 目次

 

◆ 【勉強のやる気が出ない人へ】自分を動かす◯◯◯でやる気を加速!

f:id:benkyouseisekiup:20200206114604j:plain

 ではいきましょう!

 

自分を動かす〇〇◯とは

 

具体性

 

です!

 

具体的なものであればあるほど

人は動きます。

 

例えば、学校の先生が宿題を出すとき。

 

◼︎田中先生

宿題やってきてください。

 

◼︎山田先生

次回テストをするので

『漢字トレーニング』のp23〜p.24を

◯付けまで完了させてやってきてください。

来週の水曜日の国語の授業開始時に集めます。

 

どちらの方がやる気になりますか?

 

山田先生ですよね!

 

田中先生は

漠然としすぎていて何をしたらいいのかわからず

やる気になりません。

 

というか

「宿題やってきてください。」だけじゃ

多くの人はできません(笑)。

 

これくらい具体的かどうかだけで

やる気の上がり方はまったく違います。

 

僕も授業でこのことを強く意識しています。

 

解説するときは

手順通りに解き方を示します。

 

①〇〇だから・・・

②〇〇だから・・・

③〇〇だから・・・

 

のような感じで。

 

そうすると問題を解くときに

生徒の手はスラスラ動きます。

 

解説中に解き出す生徒もいて

困ることもありますが(笑)。

 

具体的にすることで

「自分から解こう!」となっているんですよね。

 

ではどうやったら具体的になっていくのか?

についてお話ししていきます。

 

◆具体的にする方法

f:id:benkyouseisekiup:20200220141731j:plain

ポイントは、たったの1つだけ!

 

それは

 

5W1H

 

を使うことです。

 

5W1Hとは

 

What「何を」

When「いつ」

Where「どこで」

Why「なぜ」

Who「誰が」

How「どうやって」

 

です。

 

先ほどの例を見ていきましょう!

 

◼︎山田先生

次回テストをするので

『漢字トレーニング』のp23〜p.24を

◯付けまで完了させてやってきてください。

来週の水曜日の国語の授業開始時に集めます。

 

  • 次回テストをするので ➡︎ Why「なぜ」
  • 『漢字トレーニング』➡︎ What「何を
  • p23〜p.24 ➡︎ Where「どこ
  • ◯付けまで完了 ➡︎ How「どうやって」
  • 来週の水曜日 ➡︎ When「いつ」
  • (先生が)➡︎ Who「誰が」

 

すべて入っています!

 

なので宿題をするやる気が上がったわけです。

 

これを自分の勉強にも応用していきます。

 

例えば、数学の宿題をする場合。

 

「自分(Who)は

次の小テストで満点を取りたいから(Why)、

計算ドリル(What)p.56〜p.57(Where

を1回して◯付けをした後に、

解き直しをして、もう1回繰り返すぞ(How)!

今日と明日の19:00〜19:30でやろう!(When)」

 

これを5分くらいで紙に書きあげます。

 

頭で5W1Hを考えて実施するのは難しいです。

どうしたも文章が長くなってしまうので。。。

 

文章がめんどくさければ箇条書きでもOKです!

 

  • Who ➡︎自分
  • Why ➡︎次の小テストで満点を取りたいから
  • What ➡︎ 計算ドリル
  • Where ➡︎ p.56〜p.57
  • How ➡︎ 1回して◯付けをした後に、 解き直しをして、もう1回繰り返す
  • When ➡︎ 今日と明日の19:00〜19:30

 

これでOKです!

 

横に書いて埋めていくだけです。

 

5W1Hは

全部書かないといけないと言うことはありません。

 

でも

最低限「何」と「いつ」は書きましょう!

 

重要なことは具体的にすることで

やる気を加速させるのが目的ですので。

 

◆【勉強のやる気が出ない人へ】自分を動かす◯◯◯でやる気を加速!:まとめ

今回はやる気を加速させる方法について

お話ししてきました。

 

人は具体的になれば動きます。

 

ぜひ何か行動を起こす前は

5W1Hを書き上げて具体的にしてみてください!

 

それだけで行動できるようになります。

 

では最後に「行動」についての名言を

3つご紹介して終わります。

 

世界を動かさんと欲するものは、

まずみずから動くべし              

             ソクラテス

 

愚か者が先延ばしにすることを

賢者はただちに取りかかる

           バルタサル・グラシアン

 

とにかく具体的に動いてごらん 

具体的に動けば 

具体的な答えが出るから

                相田みつを

 

今回の記事が少しでも

参考になれば嬉しいです♪

 

TwitterとYoutubeも毎日やっています!!🔥🔥

ぜひフォローしていただけると嬉しいです!!😂😂😂

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter

https://twitter.com/hiraseisekiup

 

◼︎YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCkrpcrLSyXHW-hfoyDkFv-A?view_as=subscriber

 

 

 ▶️塾なしの自宅だけの自主勉強で偏差値70を超える勉強方法を知りたくありませんか?今だけ無料の「偏差値70を超える考え方・勉強方法」が無料で公開されています。こちらよりお受け取りください。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  

【本邦初公開!】

500人以上の生徒を10年間指導してきて明らかに!

偏差値70を超えるための育成プログラム

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3