海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【保存版】英語の勉強の始め方【2つのやるべきこと】


スポンサードリンク

f:id:benkyouseisekiup:20200622005902j:plain

どうも、ヒラです!

 

今回は

 

【保存版】英語の勉強の始め方

【2つのやるべきこと】

 

というテーマでお話ししていきます!

 

今回の記事は3人のために書きました。

===================

①英語を基礎から学び直したい人

②英語がどうしても苦手な人

③これから英語の偏差値を伸ばしたい人

===================

 

英語は

大きく2つのことさえすれば

圧倒的に伸びていきます。

 

今回はこの2つに絞って

英語で本当に重要なこと

についてお話ししていきます。

 

僕は毎年、

「中学生の英語の偏差値70超え」

を達成していますが、

めちゃくちゃ伝えているのが今回の内容です。

 

なので

偏差値70超えする方法とも言えます。

 

それほど重要なテーマなので

ぜひ最後までご覧くださいね!

 

ではいきましょう!

 

目次

 

◆【保存版】英語の勉強の始め方【2つのやるべきこと】▶︎まずやるべき2つのことf:id:benkyouseisekiup:20200622010621j:plain

まずは結論からです。

 

英語を始める上で

まずやるべき2つのこととは

 

単語

文法

 

です。

 

「何を当たり前のことを!」

と思うかもしれませんが、

 

単語と文法を正しく理解して

本当にできるようにするのは

実は難しいことなんです。

 

なので

この2つを深く掘り下げていきます。 

 

英語は

単語と文法からすべてが始まります。

 

  • 単語を覚えていない...
  • 文法力がない...

 のに英語ができるわけありません。

 

日本語に置き換えるとわかります。 

  • 日本語の言葉を知らない...
  • 言葉の話し方、つなぎかたを知らない...

のに日本語できませんよね。

 

英語もこれとまったく同じです。

 

だから

まずは単語と文法です。

 

この2つを

徹底的に固めていきましょう。

 

具体的なやり方は

次の3ステップです。

 

===

テストする

▶︎抜けを探す

▶︎戻り学習をする

===

 

たとえば、中学2年生であれば

中学1年生で学習する単語と文法が

のってある教材を用意します。

 

それぞれ1冊でOKです。
(単語1冊、文法1冊)

 

そして

解きまくります。(テスト)

 

とうぜん

その中で抜けが出て来ます。

 

そこを戻り学習

理解し直して、徹底的に潰します。

 

1冊の教材で

わからないところ、できないところを

完全になくします。

 

これにより

英語の弱点が克服されます。

 

成績や偏差値を上げていくためには

どの教科にも共通して言えますが、

いかに弱点を克服していくかです。

 

それぞれ1冊の教材で

単語と文法を極めてください。

 

では次に

単語と文法の勉強法についてお話しします。

 

①単語の勉強法f:id:benkyouseisekiup:20200622123105j:plain

単語を覚えるときに

重要なのは

 

覚えている単語と

覚えていない単語を区別する

 

ということです。

 

区別することで

何を覚えないといけないといけないのか

がはっきりします。

 

覚えている単語はOK!

 

覚えていない単語は

単語カードへ落とし込みます。

 

単語カードは

最強の暗記道具です。

 

  • シャッフルできる
  • いつでも覚えられる
  • どこでも覚えられる
  • 持ち歩き便利

という点で非常に優れています。

 

上記で

お話ししたテストを繰り返しながら

覚えていない単語が出て来たら

単語カードに書きます。

 

そして

ヒマさえあれば

パラパラしながら覚えていきます。

 

とにかく単語力がないと

点数は上がりません。

 

単語の

  • スペルがかけない
  • 意味がわからない

ではとうぜん問題が解けないからです。

 

自分の学年で覚えるべき単語

すべて覚える努力をすることです。

 

面白いことに

単語ができるだけでも

 

「あれ?自分、英語できるかも!?」

 

と思えてきますw

 

 人はできるようになったことを

「得意」と感じやすくなるからです。

 

なので

英語ができるようになりたい人の第一歩は

単語です!

 

【参考記事&参考動画】


②文法の勉強法f:id:benkyouseisekiup:20200622124536j:plain

文法は

基礎が命です。

 

基礎が抜けた状態で

文法ができることはありません。
 

とにかく基礎の徹底です!

 

では英語の基礎とは何なのか?

 

それは

 

カタチ

 

です。

 

まずは

日本語を見たときに

英語のカタチがわかることです。

 

いくつか例をあげます。

 

「〜している」

▶︎be動詞+Ving(現在進行形)

 

「〜することは・・・」

▶︎To V〜.(不定詞の名詞的用法)

▶︎Ving〜.(動名詞)

▶︎It is 形容詞 to V〜.(不定詞構文)

 

「〜される」

▶︎be動詞+過去分詞(受動態)

 

「ずっと〜している」

▶︎have[has]+過去分詞(現在完了)

 

「人に物を与える」

▶︎give 人 物(文型:第4文型)

 

こんな感じで

日本語▶︎英語のカタチ

に結びつけることができれば

問題はスラスラ解けます。

 

これが文法力です。

 

もちろんこれだけではありませんが、

英語が苦手な人は

まずはここから開始していくことで

文法力は格段に上がっていきます。

 

以下の4ステップ

英語のカタチを意識して

勉強してみてください!

 

===

参考書の基本問題をときまくる

▶︎間違えたら塗りたくる

▶︎5回連続正解するまで解き直す

▶︎この繰り返し

===

 

間違えた問題はとにかく

しつこくしつこくです。

 

基本となるカタチを

問題演習することで

確実に身につけていってください。

 

基本は

繰り返しにより磨かれます。

 

そうやって

文法力は上がります。

 

  • 「並べ替え」できないのも
  • 「空所補充」できないのも
  • 「英作文」できないのも
  • 「長文」読めないのも

すべては

文法力不足が原因です。

 

文法ができるようになれば

「上4つ」がすべて「できる」に変わります。

 

そして

テストでも点数がとれます。

 ※「上4つ」って英語のテストで

必ずといっていいほど出てきますよね。

 

結果、

英語の成績・偏差値が上がります。

 

◆【保存版】英語の勉強の始め方【2つのやるべきこと】▶︎まとめ

今回は

英語の勉強の始め方として

 

単語と文法

鍛えましょう!

 

という話をしてきました。

 

単語と文法は

英語の基本中の基本です。

 

ただ

鍛えるのに時間がかかりますし、

実は奥が深くて難しいです。

 

でも鍛えれば

確実に英語はできるようになります。

 

単語と文法を

極めていきましょう!

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を毎日発信しています!)
https://twitter.com/hiraseisekiup

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

 

◼︎LINE@
(ブログでもYouTubeでも

お話ししていない内容をお届けします!)
http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun

 

 ▶️塾なしの自宅だけの自主勉強で偏差値70を超える勉強方法を知りたくありませんか?今だけ無料の「偏差値70を超える考え方・勉強方法」が無料で公開されています。こちらよりお受け取りください。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  

【本邦初公開!】

500人以上の生徒を10年間指導してきて明らかに!

偏差値70を超えるための育成プログラム

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3