海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【高校受験】偏差値70を超える7つの勉強法

f:id:benkyouseisekiup:20200926095410j:plain

ヒラです!

 

この記事では

【偏差値70を超える勉強法】

ついてお話しさせていただきます。

 

僕は10年間で

約500名の生徒を指導してきました。

 

現在も塾講師として

海外で小学生と中学生に

日々授業をしています。

 

10年間授業をしていると、

伸びる生徒」と「伸びない生徒

というのがはっきりわかるようになりました。

 

そこで今回は、

偏差値70を超える【7つの勉強法】とともに

 

「どういった生徒が伸びるのか?」

「偏差値の高い生徒の特徴は?」

 

についても合わせて

お話しできればと思います。

 

この記事を読んでいただければ

 

本当に成果の出る

勉強ができるようになります!

 

✅偏差値を上げて

志望校に合格できる力が身につきます!

 

✅勉強の悩みが消えて

今から何をすべきかがわかります!

 

この記事を読んでくださっているみなさんは

現状を変えたい!」という強い思いを

お持ちだと思いますので

ぜひ最後まで気合を入れて

読んでいただけると嬉しいです!

 

ではいきましょう!

 

目次 

 

 

第1章:まずはじめにやってほしい1つのこと

7つの勉強法】に入る前に

どうしてもやっておいて

いただきたいことがあります。

 

「早く勉強法を教えてよ」と

思うかもしれませんが、

このステップが抜けると成績に伸び悩みます。

 

なので、少しお時間をください!

 

やっておいていただきたいのは

【たった1つ】です!

 

それは

 

目標設定です。

 

この

『高校受験 偏差値70を超える【7つの勉強法】』

を読んで

あなたが達成したい目標は何ですか?

 

できるだけ具体的に

書き出してみてください。

 

・どうしても第1志望校に合格したい!

・勉強に悩んでいるから成績を上げる方法が知りたい!

・周りを驚かせるくらい一気に偏差値を上げたい!

 

なんでもいいです。

 

1つだけ「これはどうしても達成したい!」

と思う目標を書き出してみてください。

 

この目標が

あなたを突き動かす原動力になります。

 

まずは

目標を言語化することが

ファーストステップになります。

 

今回ご紹介する勉強法は

僕が10年間の塾講師歴を通して

本当に大事だと思っている

厳選した7つの勉強法になります。

 

なので

あなたには本気で読んでほしいですし、

何よりも目標を達成してほしいです。

 

「強く達成したい目標」が決まれば

7つの勉強法も実践しやすくなります。



第2章:7つの勉強法について

では1つずつご説明していきます!

長いですが、ゆっくり丁寧に読んでいってもらえると幸いです。

 

①1番大切な要素は「素直さ」

僕が新学年になった

はじめの授業で必ず話すことがあります。

 

それは、成績を上げる人の特徴は

 

素直な人である

 

ということです。   

 

素直な人とはどんな人でしょうか?

 

少し考えてみてください。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

考えましたか?

 

では答えです。

 

素直な人とは、

 

言われたことを

すぐマネして行動に移す人

 

です。

 

素直じゃない人は成績が上がりません。

これは何も勉強に限らず、

すべてのことについて言えます。

 

よく考えてみればわかります。

 

指導したことと違うことをしたり、

自己流の解き方をしたり。

 

これでは、絶対に成績は上がりません。

 

逆に

成績を上げる人は超素直です。

 

というか僕の教え子で

偏差値70を超えるような生徒は

みんな超素直です。

 

偏差値70を超えた生徒の中で

素直じゃなかった生徒を

見たことがありません。

 

僕が教えたことをすぐに吸収し、

そのまんまの解き方を再現します。

 

マネすることに

徹底的にこだわります。

 

僕が

「この課題してきて」、

「次の小テスト満点やで」

「定期テストの戦略練ろか、こうで、、、」

「これ絶対に覚えるんやで

 

といろんなお願いをしますが、

すべて完璧に仕上げてきます。

たまに無茶振りもしますがw

 

いずれにしても

素直さのない人は

成績を上げることができません。

 

これは断言できます。

 

ではどうやって勉強していけばいいのか?

 

【勉強法①】

これは簡単です。

 

先生の教えを

自分で再現する練習をすること

 

です。

 

超シンプルにいうと

成績を上げる手っ取り早い方法は

先生の頭になればいいんです。

 

=== 

授業で先生の話したことをすべて理解する。

そのための練習を家でする。

===

 

これが正しい努力です。

 

自己流から卒業しましょう。

 

残念ながら

天才でもない限り

自己流ではうまくいきません。

 

まずはマネ。

そのためにも「素直さ」は必須です。



②爆発的に成績UP!論理的に考えるということ

偏差値70を超えられるかどうかの基準は

 

論理的に考えられるか

が基準だと僕は思っています。

 

偏差値70を超える生徒は

みんな「頭を使って解いている」と

感じています。

 

僕:「はいAくん、答えどうなった?」

Aくん:「〇〇だから◇◇です。

どうやって解いたのかというと・・・」

 

このように解説をしっかり説明できます。

 

これが「偏差値70の世界」です。

 

逆に

偏差値が70未満の生徒に同じ質問をすると

 

答えはなんとなく◇◇です。

みたいに

感覚的に解いていることが多いです。

 

そういう生徒は

頭を使って解いていないことが

バレて僕に叱られますw

 

偏差値70を超えるような問題は

暗記だけでは通用しません。

 

暗記したことをどう使いますか?

しっかり思考力を使って解いていますか?

 

ここまで聞いてきます。

 

【勉強法②】

「なぜ」を連呼していくこと

 

問題を解きながら「なぜこうなるのか?」を

連呼しながら解いていきましょう。

 

これに答え続けるだけで

感覚的に解くことがなくなっていきます。

 

それとともに

深く理解しながら解いていけます。

 

まさに一石二鳥の勉強法です。

 

手順を意識して解く

 

簡単な例を使って説明していきます。

(実際に論理的に解いてみてください)

 

(問題)日本語を英語に直しなさい。

「彼は昨日テニスをしました。」

               

(解き方&答え)

まずは動詞をチェックしよう。

「しました」⇒動詞は過去形。

ということは過去形の文!

だから動詞は過去形にしよう。

あとはSV~.の形を作っておしまい。

答え:He played tennis yesterday.

 

このように

解き方の手順(とできれば理由)を

考えて解くことで 解き方が頭に入り、

正確に問題が解けます。

 

これが「論理的に解く」ということです。

 

論理的に解くことは、

はじめは難しく感じると思いますし、

めんどくさいです。

 

しかし

これ抜きに偏差値70は難しいです。

 

最高のトレーニングだと思って

日々問題に当たってみましょう。



③超効果的な復習の仕方

どんな神授業を受けても

復習しなければ成績は上がりません。

 

テニスでいうと

ラケットの持ち方やフォームを

どれだけ習っても

自分で練習しなければ

うまくならないのと同じです。

 

偏差値70を超える人たちは

復習を欠かしません。

 

ではどんな復習をしていけばいいのか?

 

これについてお話ししていきます。

 

復習はやり方が超重要です。

 

以下に間違った復習を示します。

 

ノートを見る&読む

教科書の線を引いた箇所や太字を読む

授業でやった例題の解説を読む

 

こんな勉強をしていませんか?

これが復習だと思っていませんか?

 

これは復習ではありません。

 

読んだり見たりは復習ではないんです。

まずはこの考え方を改めましょう。

 

復習とは

 

思い出す作業の繰り返し

です。

 

上の「読む」「見る」中に

「思い出す作業」は入っていません。

 

なので

これらは復習ではないんです。

 

【勉強法③】

復習のやり方は

 

【思い出す】×【繰り返す】

 

を意識することです。(これめっちゃ重要!)

 

なので復習するときは

 

「あれ?これなんだったっけ?」

と思い出す勉強をします。

 

具体的には

 

◼︎問題を解く

→問題を見て解き方を思い出す

 

◼︎単語カードを作る

→市販の単語カードを買って、

表に問題、裏に答えを書いて作成して

混ぜたりしてランダムに解きます。

 

◼︎ノートを問題集化する

→ページの半分に線を引き、

左に問題、右に答えみたいにして解く

 

とにかく

あれ?これなんだったっけ?

と考える時間を増やしてください。

 

そしてウンウン考えてください。

 

思い出してください。

 

この思い出す時間が

記憶に定着させる時間になります。

 

あとはこれを繰り返すだけです。



④これで忘れない!暗記の公式とは?

なかなか覚えられません。。。

どうやったら覚えられますか?

 

こういった質問や悩みは多いです。

 

この悩みにズバリ答えます!

    ⬇︎

まずは【暗記の公式】を知ってください!

 

【暗記の公式】

暗記=テスト×回数

 

これ絶対に覚えてくださいね!

 

暗記の公式を暗記してください。

それができれば暗記できます。

 

なんかわけわかりませんねw

 

勉強法とともに分けて説明します。

 

【勉強法④】

◼︎テスト

とにかく覚えるときは

「テスト」をしてください。

 

先ほどの復習の「思い出す作業」とも

似ていますが、

とにかく「問題→答えを考える」の流れを

守ってください。

 

間違えても

「見る」とか「読む」とかはなしです。

 

それはテストではありません。

 

テスト中に

隣の答えを見ながら、

読みながら解くのと同じです。

それを「カンニング」と言いますw

 

◼︎回数

当たり前ですが、繰り返した方が覚えます。

 

「何」をか?

  ⬇︎

「テスト」をです。

 

よく質問されるのが、

「何回したら覚えられますか?」というもの。

 

僕はニコッと笑ってこう答えます。

 

完璧に覚えるまで何回も♡

 

覚えられる回数なんて

個人差があるのでわかりません。

 

たとえば、

新出英単語を覚えるとします。

 

Aくん…聞いたことあったから1回で覚えた

Bくん…初めてだったから3回で覚えた

 

このように人によって覚える回数はバラバラです。

なので覚えるまで何回もテストして繰り返してください。

 

ちなみに僕は中学時代マジでアホだったので

覚えるのに8回くらいかかりましたw

 

こういう物覚えの悪い人間もいますw

 

偏差値70を超えるのに暗記は最低限必要です。

 

覚え方を知って

実行するのとしないのとでは

大きな差になります。

 

この機会に暗記すべきものは

完璧に覚えるまで

テストを繰り返してみてください。

⑤【勉強の本質】BATを増やす

成績を上げるためには

勉強の本質を知る必要があります。

 

本質とは

そのものとして欠くことができない、

最も大事な根本の性質・要素

のことです。

 

つまり、勉強の本質とは

 

勉強する上で

最も大事な根本的な考え方

 

になります。

 

はっきり言って、

勉強の本質を知る→実践するだけでも成績は上がります。

 

それは、【BATを増やす】ということです。

 

BATとは、

Be Able To(=できる)の略です。

あ、ちなみに僕の造語ですw

 

勉強の本質とは

できる問題を増やすこと。

 

これに尽きます。

 

今からとにかく

「できる問題を増やすこと」を

猛烈に意識した勉強をしていってください!

 

【勉強法⑤】

これからは、

間違えたら必ず解き直しをすること。

 

これをクセづけていってください。

 

多くの成績に伸び悩む人は

 

間違えたら間違えたまんま

間違えても理解しない or 理解した気になっている

完全にできる状態になっていない

ことが多いです。

 

×が×のままだと絶対に成績は上がりません。

×を◯に変える努力をしないといけません。

 

そのための解き直しです。

 

解き直しの手順は以下です。

 

===

間違えた

→解答・解説を熟読して完全に理解する or 質問する

→再度問題だけを見て手を動かして解き直す

→1日時間を空けてもう一度解き直す

→完全に自力でできるまで練習する

===

 

間違えた問題を

常に追いかけていくことです。

 

しつこく、しつこく・・・。

 

前にいる「◯」を追いかけて

完全にタッチする(=完全にできる)までが

勝負です。

 

しんどいですが、1回だけでは難しいです。

 

繰り返し何回も解くことで

ようやく◯になります。

 

×を◯にした数に応じて

成績は上がるということを

忘れないでください。



⑥成績UPには【工夫】が不可欠!

工夫することなしに

成績を上げることは難しいです。

 

勉強するたびに

 

・もっと効率よく覚えるためには?

・なぜできなかったのか分析しよう!

・勉強時間を決めてやってみよう!

 

など勉強していく中で

自分なりに工夫していくことで

成績は上がります。

 

過去に成績が上がった生徒の例を

以下に挙げると

 

ノート1ページの半分に縦線を引き、

 左に板書、右に先生の話したことを書く生徒

定期テスト前に自分で作った問題をノートにまとめる

解き直し用ノートを作り、質問したことやポイントをメモする

時間を計って問題に記入

 

このようにみんな

積極的に自分から勉強する姿勢が

半端じゃなかったです。

 

自分にあった勉強法

試行錯誤していろいろ試す。

 

そして

成績が上がる自分なりの勉強法を

確立する。

 

これが工夫するということなんだと思います。

 

【勉強法⑥】

最も大切なことは

 

どうしたらもっと成績が上がるのか?

を日々考え続けることです。

 

そして

行動することです。

 

つまり

「考え方」によるところが非常に大きいです。

 

具体的には

 

問題を解く→丸付けをする→解き直しをする

→どうしたら次はできるのか?を書く

 

はじめは

書き残しておいたほうがいいです。

 

頭で考えるより

書いて残しておいたほうが

より具体的になります。

 

具体性は人を動かします。

 

・宿題やってきて。

・英語の〇〇の教材のp.45〜p.47を

 来週の水曜日までにやってきて。

 

どちらの方が動く気になりますか?

 

後者ですよね。

 

まとめます。

 

===

①「どうしたらもっとできるようになるのか?」を常に考える

②書き残す

③すぐ行動する

===

 

これでどんどん成績は上がっていきます!



⑦勉強できる人は楽しんでいる

勉強できる人は、

例外なく勉強を楽しんでいます。

 

「いやや」とか「めんどくさい」とか

言いながらも

実際は、勉強をして、結果を出しているので

陰で鬼のように勉強をしています。

 

言い換えると

ハマっている」、「没頭している」状態

です。

 

これ、楽しんでますよね?w

 

というか楽しくないことは続きませんし、

結果も出ません。

 

サッカーに興味ない人が

サッカーをし続けられますか?

サッカーにハマることはできますか?

没頭できますか?

 

という話です。

 

「勉強が楽しいなんて言ったらバカにされる」、

「周りからドン引きされる」と

思っているから言わないだけで

実は勉強を楽しんでいるんですよね。

 

というか

本当に勉強できる人って

何も言わなくても自分で勝手に勉強します。

 

それは、楽しいからです。

 

もっというと

勉強することが当たり前だからです。

 

ゲーム好きな人は

自分で勝手にゲームしますよね。

お母さんに「あんたゲームしなさい!」って

言われて

ゲームする人なんていないですよねw

 

それはゲームが楽しいからです。

ゲームすることが当たり前だからです。

 

【勉強法⑦】

一番は勉強を「ゲーム化」することです。

 

たとえば

 

◼︎できなかった問題ができるようになれば

カレンダーにシールを貼る

→100枚たまれば好きなものを買ってもらえる

◼︎【英単語を覚えた数×1分=ゲームする時間】にする

◼︎テストで90点を取ったら新しい文房具を買ってもらえる

◼︎模試で合格判定がA判定になれば美味しいお寿司屋さんに行ける

◼︎【前回のテストの点数の差×100円】分のお小遣いをもらう

 (例)前回から20点増えた→20点×100円=2000円もらえる

※ご両親ときちんと相談してくださいねw

 

こうすることで勉強が楽しめます。

 

成果報酬にすると勉強が

ゲーム化されてやる気が上がり、

勉強=苦痛

ではなく、

勉強=快楽

に変わります。



第3章:高校受験 偏差値70を超える【7つの勉強方法】まとめ

お疲れ様でした!

 

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます!

 

今回は

【偏差値70を超える7つの勉強法】

をご紹介しました。

 

上記でも記載しましたが、

この7つの勉強法は

僕が10年間塾講師をしてきて

本当に大切だと思っている勉強法になります。

 

僕はこれまで偏差値70を超える学校に

合格者を数多く出してきましたが、

授業しながら話すことは

ここに書いた7つの勉強法がほとんどです。

 

それだけ自信を持っていますし、

確実に結果が出ると信じています。

 

最後に1つだけお願いです。

 

何か1つでもいいので行動してください。

 

こういう勉強法の本や文章を読むと

「そうか!」と理解、納得はしたものの

次の行動につなげられずに明日を迎えます。

 

そして成績に変化なし。現状維持・・・。

 

僕は学生時代、この繰り返しでした。。。

 

でも皆さんにはそうなって欲しくありません。

 

この記事の1つでも実践し、

 

「現状が変わった!」、「成績が上がった!」

 

となっていただけることを目指して

この記事を書きました。

 

行動しなければ現状は何も変わりません。

 

行動した人だけが未来を切り開いていきます。

 

あなたは何も行動せずに明日を迎えますか?

 

それとも

 

現状を変えるために今すぐ行動しますか?



最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

            海外塾講師ヒラ