海外塾講師ヒラ

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

Q:テスト合間の休み時間ってどう過ごす?#Shorts

人によりますが、大きく2つです。

 

「休む」か「勉強する」。

 

休む場合は

目を休めたり、誰かと会話したり、

お手洗いに行くなどして

自分が「なるべくリラックスできる」ようにしておくといいです。

 

テストでは集中力を使うので

その温存ができる休憩を自分なりに見つけておくといいです。

 

普段の勉強から

「休み方」を色々と試してみることをオススメします。

 

個人的には

「目を休める」がオススメです。

 

情報の9割は「目」で処理するので

五感の中で最も疲れやすいですので。

 

次に「勉強する」場合ですが、

「軽め」でいいです。

 

テスト合間の休憩時間は

それほど長くないので

軽くできて尚且つ効果的なものがいいです。

 

オススメは

・暗記の確認

・今まで使ってきた教材の見直し

です。

 

暗記はもしかしたら

直前に確認したことがテストで出るかもしれませんし、

休憩時間の少しの時間でサクッと確認できるのが暗記です。

 

テスト合間の休み時間では

「今まで使ってきた教材を見直す」のもありです。

 

今まで間違えた問題を解き直したノートや

これまで使ってきた問題集を見返します。

 

またこれにより

自分の気持ちを落ちつける効果もあります。

 

そう考えると

日頃の勉強ではテストから逆算して

「テスト合間の勉強で何を勉強できるか?」

をイメージしながら

暗記物の作成や教材演習をしていくことで

「テスト」というゴールから逆算した勉強

をしていくことができます。