海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【受験の極意】99%の中学生ができていない〇〇で爆伸び!


スポンサードリンク

f:id:benkyouseisekiup:20200826115915j:plain

ヒラです!

 

今回は3人のために書きました。

====================

①いつも不安で仕方ない人

②第1志望校に合格したい受験生

③成績・偏差値を爆伸びさせたい人

====================

 

今回は

〇〇」についてお話ししていきます。

 

 

一見すると、 

勉強に関係なさそうに思えること

かもしれませんが、

まったくそんなことありません。

 

関係しかありません。

 

そして、この〇〇は

ほとんどの人が予想できません。

 

発想の外側にあることです。

 

今まで10年間塾講師をしてきましたが、

「〇〇を意識しています!」と言う人に

僕は出会ったことがありません。

 

実は

〇〇は全員が毎日使っています。

 

でも誰も意識していない。

 

何も考えずに使い、

何も考えずに日々漫然と生きている。

 

そんな見放された〇〇。

 

断言します。

 

結果を出す人は

意識的にせよ無意識的にせよ

〇〇を間違いなく正しく使えています。

 

僕も毎日毎日

本当に猛烈に意識して使っています。

 

今回でみなさんの

考え方を一変させ、

ふつうの中学生から卒業してもらいます。

 

そして

「爆伸び」を経験してもらいます。

 

ではいきます。

 

目次

 

◆【受験の極意】99%の中学生ができていない〇〇で爆伸び!f:id:benkyouseisekiup:20200802165811j:plain

結論からいきます。

 

【受験の極意】

99%の中学生ができていない〇〇とは

 

 

言葉

 

 

です。

 

言葉が考え方を変える。

 

 

言葉は現実化する。

 

僕はこう考えています。

 

2つ目は

意味がわからないと思いますが、

後半にわかります。

 

人の考え方が大きく変わるのは

「言葉」です。

 

たとえば、

自分が好きな有名人が発した言葉には

めちゃくちゃ影響を受けますよね。

 

「一言で考え方がガラッと変わる」。

 

こんなこと普通にあります。

 

僕の職業は塾講師。

 

まさに言葉を操る仕事です。

 

だから毎日毎日猛烈に言葉には

意識していますし。

言葉をとても大切にしています。

 

1つ1つの言葉に

細心の注意を払っています。

 

ここだけの話、

僕はふだんあまり話しません。

 

物静かです。

 

なぜか?

 

ムダな言葉を使いたくないからです。

 

「その言葉いる?」

「それ今、言う必要ある?」

みたいなことにしたくないからです。

 

それくらい

言葉への執着心が異常です。

 

周りから見たら

「ただの無口なやつ」ですが、

僕は意図的にそうしています。

 

口数を減らすことで

常に頭の中で思考しています。

 

「どこでどんな言葉を口にしようか?」

「どう言ったら生徒は伸びるか?」

「どのタイミングでこれを言おうか?」

 

たった1つの言葉で、もしかしたら

目の前の生徒の人生が変わるかもしれまない。

 

僕はこんな意識で

日々言葉を使っています。

 

このブログもそうです。

 

もちろん賛否両論はありますが、

僕は極力ムダな言葉を使いません。

 

一言一句すべて必要な言葉のみに

焦点を当てて話しています。

 

「書いてから修正すること」はよくあります。

 

それくらい言葉を大切にしていますし、

言葉にはエネルギーがあります。

 

今回はそんな言葉の中でも特に

 

絶対に知って

おいてほしいこと

 

をお話しします。

 

それは

言葉の原理」です。

 

「言葉の原理」を知ることで

言葉への考え方が変わります。

 

そして

それを日々の勉強へ繋げます。
 

「言葉の原理」は、つあります。

 

===

①一言が次の一言を生む

②言葉に注目するのが人間

③繰り返した言葉で自分ができる

===

 

順番に説明していきます。

 

①一言が次の一言を生む

はじめに言葉ありき

 

これは新約聖書「ヨハネによる福音書」の

冒頭の記述です。

 

世界のあらゆるものはすべて

言葉によって成り立っている。

 

という解釈のようです。

※諸説あり

 

すべては

「言葉」を発することから始まります。

 

新年になれば

「あけましておめでとうございます」と言います。

 

起きたら

「おはよう」と言います。

 

はじまりは言葉です。

 

ここで

どんな言葉を発するか?

は言うまでもなく重要です。

 

すべての始まりだからです。

 

スポーツでいうと基本の型やフォーム、

勉強でいうと授業です。

 

スタートでつまづいたり、

できなかったりすると終わりです。

 

ネガティブな言葉を発していると

結果は出ません。

 

何においてもはじめは肝心ですが、

「言葉」はすべての中でも、

次元がちがいます。

 

「言葉」だけ重要度が

飛び抜けて、ぶっ飛んでいます。

 

だって

何千年も読み継がれる「新約聖書」

の冒頭に書いてあるんですよ。

 

  • 言葉への考え方を変える
  • 言葉の使い方を見直す

ことが第一歩になります。

 

「ネガティブな言葉」を発していると

また「ネガティブ言葉」が生まれます。

 

「ポジティブな言葉」を発していると

また「ポジティブ言葉」が生まれます。

 

極端にいうと

===

はじめがダメならずっとダメ。

はじめが良ければずっと良い。

===

 

これが

「一言が次の一言を生む」ということです。

 

勉強で結果を出したいなら

はじめに「勉強に対するポジティブな言葉

をいかに発することができるかです。

 

・勉強で結果出すぞ!

・勉強って楽しいな!

・しゃあああ!勉強やあああ!

 

みなさんは

はじめに何を言いますか?

 

 

②言葉に注目するのが人間

人には、次のような性質があります。

 

===

人は

自分・他人が発した言葉に注目する

===

 

たとえば

ああ、しんどいな...」というと

「しんどい」ことしか見えなくなります。

 

逆に

「よし!頑張るか!」というと

「頑張れる」ことしか見えなくなります。

 

つまり

自分が発した言葉に注目するのが人間である

ということになります。

 

人は

他人が発した言葉」にも注目します。

 

「おはよう」と友達に言われれば

「おはよう」と返しますよね。

 

「おはよう」と言われれば「おはよう」に注目する。

だから自分も「おはよう」と返答するんです。

 

「おはよう」と言われているのに

頭の中で「おやすみ」と考えて

「おやすみ」という人なんていません。

 

友達「おはよう」

➡︎自分「おやすみ」

こんなことありえませんw

 

ふざけてるだけですw

 

〜〜〜

 

僕は

授業が始まるとき、生徒に

「おっしゃあ!!やろか!!」

と言います。

 

これで自分も生徒も

勉強やる」ことに注目します。

 

勉強へのエンジンが注入されます。

 

〜〜〜

これが「言葉の力」です。

 

結果を出したいなら

結果が出そうな言葉を

発していればいいんです。

 

そうすれば

「結果が出ること」に注目します。

 

もちろん

言葉だけで結果を出すことはできませんが、

「はじめに言葉ありき」です。

 

スタートが言葉です。

言葉を変えるだけで次の行動が変わります。

 

行動が変われば

結果も変わります。

 

ぜひ今後は

自分の言葉に注目し、

その言葉は勉強で結果を出せる言葉なのか?

に注目してみてください。

 

 

③繰り返した言葉で自分ができる

ここまでまとめると

===

①一言が次の一言を生む

②言葉に注目するのが人間

===

 

すべてのスタートは言葉。

発した言葉で次の言葉が決まる。

そして、その言葉に注目して行動が変わる。

 

この次が

 

③繰り返した言葉で自分ができる

 

です。

 

人間は

行動したことの継続で

自分が形作られます。

 

今の自分は

これまでの積み重ねです。

 

今までテニスを1回もしたことがないのに

「明日からいきなりテニスのプロです!」

なんてことありませんw

 

===

これからの自分は

これからの行動で決まります。

===

 

では「行動」は「何」で決まるのか?

 

言葉です。

 

繰り返した言葉で

脳みそが形作られます。

 

日本人であれば

親から日本語を吹き込まれたから

日本語でものを考えるんです。

 

それをマネして発し続けたから

日本語をしゃべるようになったんです。

 

日本語をしゃべる」のと

結果を出す」のはすごく似ています。

 

===

日本語を発する

▶︎繰り返す

▶︎日本語がしゃべれる

===

 

===

結果の出るプラス言葉を発する

▶︎繰り返す

▶︎結果が出る

===

 

これが

「③繰り返した言葉で自分ができる」

ということです。

 

以上が

先ほどの2つ目、

「言葉は現実化する」ということの意味です。

 

◆まとめ

今回は

 

【受験の極意】

99%の中学生ができていない〇〇で爆伸び!

 

というテーマでお話ししてきました。

 

===

①一言が次の一言を生む

②言葉に注目するのが人間

③繰り返した言葉で自分ができる

===

 

①〜③の順番で

言葉が現実化していきます。

 

自分が使っている言葉に

意識を向けてみてください。

 

僕は

・自分を変えるために

・生徒を変えるために

「言葉」には猛烈に気を配っています。

 

結果に直で影響するからです。

 

「言葉」が現実化することを

知っているからです。

 

タイトルの〇〇に言葉を当てはめると

「【受験の極意】

99%の中学生ができていない言葉で爆伸び!」

となります。

 

これは

言葉で結果が変わる」ということです。

 

勉強法や勉強テクニックはもちろん重要ですが、

「言葉」はもっと重要です。

 

言葉を大切にする。

 

そして

勉強の結果につながる

プラスの言葉を吐き続ける。

 

だからこそ

だんだん結果につながる考え方にシフトする。

 

結果を出す行動が当たり前になる。

 

今までの基準がぶち上がり、

どんどん上を目指す。

 

いつのまにか上にいる。

 

「爆伸び」です。

 

僕が毎日発信する理由は

言葉でみなさんの考え方をじわりじわりと変え、

結果に向けた行動を起こしてもらうためです。

 

どこまで続くかわかりませんが、

僕は毎日発信を続けます。

 

言葉でみなさんを変えるために。

 

 

 

 

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

【受験の極意】を発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

  

◼︎LINE@

(登録後『高校受験 偏差値70を超える【7つの勉強法】』を無料でお渡しします。

個別での質問対応もしています!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun