海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【高校受験】過去問の正しい使い方を4ステップで徹底解説【合格率UP】

f:id:benkyouseisekiup:20200820012632j:plain

ヒラです!

 

今回は3人のために書きました。

===================

①これから過去問を使おうと思っている人

②正しい過去問の使い方が知りたい人

③第1志望校に合格したい人

===================

 

合否を大きく左右するのが

今回のテーマである

【過去問の使い方】です。

 

受かる使い方ができているかどうか

で合格率はまるで変わります。

 

今回は、合格率が上がる

正しい過去問の使い方を

4ステップでお話ししていきます。

 

効果的な過去問の使い方をして

合格に向かって

着実に進んでいきましょう!

 

目次 

 

◆【高校受験】過去問の正しい使い方を4ステップで徹底解説【合格率UP】f:id:benkyouseisekiup:20200804212616j:plain

まずは4ステップいきます。 

 

=== 

①合格最低点の暗記

②朝に制限時間を計ってやる

③解き直しと戦略が命

④実力を上げていく

===

 

順番に解説していきます。

 

①合格最低点の暗記

入試で最も重要なことは

合格最低点が取れるかどうか

です。

 

これ以外ありません。

 

合格最低点が取れれば受かるし、

取れなければ落ちる。

 

それが入試です。

 

つまり、

合格最低点がゴールであり、

目標点です。

 

この点数を

暗記していないのは

かなりヤバイです。。。

 

勉強のスタートは

ゴール設定」から開始します。

 

ゴールを明確にせずに

勉強を始めるというのは

「目的地を決めずにとりあえず動く」

くらいヤバイです。

 

「どこ行くかわからんけど

とりあえずまっすぐ」みたいなw

 

とにかく言いたいことは

合格最低点を暗記しましょう!

ということです。

 

年度ごとに、

そして各教科ごとにです。

 

これが

  • 頭にある状態で過去問をするか
  • 頭にない状態で過去問をするか

とでは天と地ほどの差があります。

 

ここからは

「合格最低点」を取るために

どうやって点数につなげていくかを

常に考えながら

②以降を進めていきましょう!

 

②朝に制限時間を計ってやる

入試は、「」です。

 

昼や夜に入試があるところは

基本ありません。

 

であるならば

過去問をするのはとうぜん「朝」です。

 

それも本番同様の時間帯で。

 

なので

過去問は「週末」にすることを

オススメします。

 

高校入試は、

ほとんどの場合、

朝9時から開始します。

 

なので

この時間に合わせて動きます。

 

朝8時までには起床し、

9時の本番練習に向けて準備します。

 

とにかくここでは

本番同様の状態を作り出し、

緊張感を持ってやること。

 

これが最も重要です。

 

ほとんどの受験生は

これができていません。

 

時間をはからず、ダラダラやって、

〇つけして、点数を出して終わり。

 

これでは

「合格できる過去問の使い方」が

できているとは言えません。

 

過去問が、5年分あれば

「5回」本番同様の状態を作り出す。

 

そして

必ず合格最低点を意識して

過去問を解く。

 

この繰り返しにより

入試で力が発揮できる準備が整います。

 

③解き直しと戦略が命

ここまでは

===

合格最低点を暗記して、

朝にそれを意識しながら

本番同様の状態で問題を解く

===

ということをしてきました。

 

ある意味、ここからが

合否に直でつながるほど重要です。

 

それが

解き直し戦略です。

 

当たり前ですが、

過去問はやればやるほど

合格最低点に

近づいていかなければいけません。

 

そのためには

絶対に「やっておしまい」にしないこと。

 

過去問をしたら

必ず次に生かしてください。

 

これはめちゃくちゃ大事です。

 

  • 苦手単元を克服する
  • 間違えた問題の類題を練習する
  • 単語カードに落とし込んで覚える
  • 解説を熟読する

など次につながる勉強をしてください。

 

これが、解き直しです。

 

僕はこれまで10年間で500人以上の生徒を

指導してきましたが、

第1志望校に合格した生徒は

「解き直し」に何10、何100時間も

費やして勉強していました。

 

それほど

「解き直し」は合否に影響します。

 

時間をかけてOKですので

丁寧に慎重にじっくりいきましょう!

 

過去の動画で

「解き直し」をする理由、やり方を

詳しくお話ししていますので

必ずご覧ください!

youtu.be 

 

次に戦略

 

===

戦略とは、

合格最低点をとるために

大問ごとの目標点数と時間配分を決めること。

===

 

過去問が終わった後は

必ず次の戦略を立てます。

 

===

自分の答案を分析して

合格最低点まであと何点だったのか?

 

どの大問のどの問題を

取りこぼしたのか?

 

時間配分は足りたか?

次への改善点はどこか?

===

 

分析を綿密にした上で

次の目標点と時間配分を決めます。

 

これをした上で

次の過去問をするか否かで

合格最低点が取れるかどうかが決まります。

 

つまり、

合否が決まる」ということです。

 

戦略立ては

合格率を上げます。

 

第1志望校を目指す

すべての受験生が必須の勉強が

戦略立てです。

 

④実力を上げていく

最後は

少し意外な考え方かもしれません。 

 

===

過去問で実力を上げ、

偏差値を上げていく

===

 

この考え方です。

 

過去問も問題集です。

 

ということは

極めるべきです。

 

過去問ほど、極めれば

偏差値が爆発的に上がり

合格につながる問題集はありません。

 

これが

「過去問で実力を上げていく」

ということでです。

 

実力とは

「今のレベル」のこと。

 

実力テストを通して

現状から少しでもレベルを上げる

使い方をするんです。

 

そのための具体的方法が

「③解き直しと戦略」です。

 

あと1つ追加するとすれば

類題演習です。

 

===

過去問を解く

▶︎×をあぶり出す

▶︎別問題集から×の類題を探す

▶︎練習して◯に変える

===

 

過去問をすれば

少なからず自分の弱点が見えてきます。

 

ここを徹底的に潰していく。

 

そうすれば

おのずと実力は上がってきます。

 

◆まとめ

 今回は

 

【高校受験】過去問の正しい使い方を

4ステップで徹底解説【合格率UP】 

 

というテーマでお話ししてきました。

 

=== 

①合格最低点の暗記

②朝に制限時間を計ってやる

③解き直しと戦略が命

④実力を上げていく

===

 

この4ステップが

過去問の正しい使い方です。

 

このサイクルが当たり前のように

回すことができれば

確実に合格率は上がります。

 

合格最低点に

どんどん近づいて行くからです。 

 

今回ご紹介した過去問の使い方をして

合格に向けて進んでいきましょう!

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・Himalaya・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を毎日発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

 

◼︎Himalaya

(偏差値の上がる考え方や勉強法、

よくある勉強の悩みを

ラジオ形式で毎日更新しています!)

https://www.himalaya.com/education-podcasts/2288212?Share_from=App&Influencer_uid=4120685&Share_to=More&lang=ja

 

◼︎LINE@
偏差値をバク上げする考え方や勉強法をお届けします!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun

 

 ▶️塾なしの自宅だけの自主勉強で偏差値70を超える勉強方法を知りたくありませんか?今だけ無料の「偏差値70を超える考え方・勉強方法」が無料で公開されています。こちらよりお受け取りください。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  

【本邦初公開!】

500人以上の生徒を10年間指導してきて明らかに!

偏差値70を超えるための育成プログラム

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3