海外塾講師ヒラ【高校受験の勉強法】

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【初心者向け】時間を生み出すには〇〇〇を作れ!

f:id:benkyouseisekiup:20200713111925j:plain

どうも、ヒラです!

 

今回は

 

【初心者向け】

時間を生み出すには〇〇〇を作れ!

 

というテーマでお話ししていきます!

 

今回の記事は3人のために書きました。

==================

①いつも時間がなく、悩まされている人

②短時間で効率的に勉強したい人

③1から時間の使い方を学び直したい人

==================

 

  • 時間を生み出せる人
  • 時間を生み出せない人

とでは

時間に対する考え方や

時間の使い方がまったくちがいます。

 

では何がちがうのか?

 

それは

〇〇〇を作っているかです。

 

たとえ、作っていなかったとしても

頭の中で作って動いています。

 

それほど重要なのが

〇〇〇です。

 

今回の記事の実践により

時間をコントロールしていきましょう!

 

ではいきます!

 

目次 

 

◆【初心者向け】時間を生み出すには〇〇〇を作れ!▶︎〇〇〇f:id:benkyouseisekiup:20200713112345j:plain

まずは結論からです。

 

時間を生み出すには〇〇〇とは

 

工程表

 

です。

 

工程表とは

「いつ何をするか」の表です。

 

代表的な例は

「学校の時間割」です。

 

1時間目...国語

2時間目...数学

3時間目...音楽

・・・

 

という感じで

「いつ何をするか」が明確になっていますよね。

 

これを自分で作ります。

 

例をあげます。

 

===

6:30起床

6:30〜7:00... 着替え、洗顔、朝食

7:00〜8:00...理数系の教科

8:00〜16:00...学校

16:00〜17:00...休憩

17:00〜17:50...今日出た宿題

17:50〜18:00...休み時間

18:00〜19:00...暗記時間、弱点克服

19:00〜21:00...夕食、自由時間

21:00〜22:00...今日の復習▶︎テスト

22:00〜23:00...就寝準備、リラックス

23:00...就寝

===

 

ポイントは次の3つです。

===

①朝と夜の使い分け

②休み時間を入れる

③修正をくりかえす

===

 

1つずつ見ていきます。

 

①朝と夜の使い分け

  • 朝は理数系の教科
  • 夜は文系の教科

を勉強します。

 

朝と夜では

頭の使い方がちがうからです。

 

朝は

比較的、頭が働いていますので

論理的にものごとを考えられる

理数系教科が向いています。

 

夜は

記憶に適した時間帯なので

文系教科が向いています。

 

朝と夜にする勉強は

使い分けていきましょう。

 

②休み時間を入れる

勉強と勉強の合間には

必ず「休み時間」を入れましょう。

 

上の例をもう一度、見てみましょう。

===

17:00〜17:50...今日出た宿題

17:50〜18:00...休み時間

18:00〜19:00...暗記時間、弱点克服

===

 

間に10分の休憩時間がありますよね。

 

人間の集中力は

そんなに長く続きません。

 

集中力は

切れる▶︎もどる」の繰り返しです。

 

スイッチのオン・オフが

常にカチカチ変わっています。

 

勉強中に集中力を発揮するためにも

「休む」ことは重要です。

 

勉強する▶︎スイッチオン

勉強しない▶︎スイッチオフ

 

上手く切り替えることで

勉強の質は高まります。

 

集中力については

これまでたくさん記事を書いてきましたので

よければご覧ください!

 

全8記事と多いですがw 

 

③修正をくりかえす

これ、すごく重要です。

 

工程表を作って実践すると

99%その通りにはいきません。

 

必ずズレます。

 

そこで

うわ...できなかった...

と落ち込む必要は、まったくありません。

 

なんせ99%ズレますのでw

 

この考え方が、あるかないかで

動けるか動けないかが決まります。

 

===

工程表は修正を繰り返すもの

===

 

これです。

 

だから

一度つくった工程表は

変わっていくと思ってください。

 

「ああ、ここに宿題はしんどいな」

「1時間は足りないな」

「休み時間5分のばすか」

「解き直しする時間いれよか」

 

こんな感じで

工程表どおりに動くと

いろいろ修正箇所が出てきます。

 

そこを1つずつ修正していきます。

 

この繰り返しにより

自分だけの工程表」が出来上がります。

 

ここまでくれば

時間への悩みはなくなっています。 

 

◆【初心者向け】時間を生み出すには〇〇〇を作れ!▶︎まとめ

今回は

時間を生み出すためには

 

工程表を作りましょう!

 

というお話をしてきました。

 

工程表を作ることで

「勉強の進み方」はまるで違ってきます。

 

===

①朝と夜の使い分け

②休み時間を入れる

③修正をくりかえす

===

 

3つのポイントを実践して

修正を繰り返すことで

時間をコントロールできます。

 

これが

「時間を生み出す」ということです。

 

勉強量・勉強時間は

成績・偏差値を伸ばす大きな要素です。

 

工程表を作って

成績・偏差値をぶち上げていきましょう!

 

【関連記事&関連動画】

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・Himalaya・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を毎日発信しています!)
https://twitter.com/hiraseisekiup

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で毎日発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

 

◼︎Himalaya

(偏差値の上がる考え方や勉強法、

よくある勉強の悩みを

ラジオ形式で毎日更新しています!)

https://www.himalaya.com/education-podcasts/2288212?Share_from=App&Influencer_uid=4120685&Share_to=More&lang=ja

 

◼︎LINE@
(ブログでもYouTubeでも

お話ししていない内容をお届けします!)
http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun

 

 ▶️塾なしの自宅だけの自主勉強で偏差値70を超える勉強方法を知りたくありませんか?今だけ無料の「偏差値70を超える考え方・勉強方法」が無料で公開されています。こちらよりお受け取りください。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  

【本邦初公開!】

500人以上の生徒を10年間指導してきて明らかに!

偏差値70を超えるための育成プログラム

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3