現役塾講師が教える偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する方法

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

気合を入れたい人だけ読んでください。勉強について誰も言わない世の中の本質について話します。

f:id:benkyouseisekiup:20200108121911j:plain

 

 

こんにちは、ヒラです!

 

今回は

 

誰も言わない世の中の本質

 

についてお話ししていきます!

 

少し厳しいお話にはなりますが、

今後テストや模試、入試で結果を出していくために必要なことですので

率直にお伝えしていきます。

 

今回お話しする考え方を知ることで

 

自分の甘い考え方を一気に変えます!

 

気合を入れて勉強に打ち込むことができます!

 

入試について深く考えさせられます!

 

人生においても重要な考え方が学べます!

 

 

自分に喝を入れてやる気を起こしたいあなた、

現状打破し、成績をあげたいあなたは

 

この先を必ず読み進めてくださいね!

 

 

 

誰も言わない世の中の本質とは?

では早速結論からお伝えします。

 

それは、

 

世の中、結果がすべて

 

だということです。

 

おそらく周りの人でこれをストレートに言う人は

なかなかいないのではないかと思います。

 

それだけ言うのに勇気のいることだからです。

 

でもこれは事実です。

 

みんさん感覚的にも感じていることではないでしょうか?

 

「結局、世の中結果がすべて」だということを。

 

 

例えば、受験。

 

高校受験、大学受験を想像してください。

 

これまでの内申点と本番の点数。

これしか学校側は見ません。

 

つまり、点数という「結果」です。

 

それで合否が決定されます。

 

「今までこれだけ頑張ったんですよ!」と言って

大量のノートを持っていって、

「おお!君頑張ったねえ。はい、合格!」なんてことありませんよね(笑)

 

少し厳しい言い方になりますが、

 

頑張りなんてものを認めてくれるほど世の中甘くありません。

 

常に見られのは、数字や点数、結果です。

 

 

例えば、スポーツ。

 

勝ち負けが左右されるスポーツでは

まさに結果がすべてです。

 

これも受験の例と同じく、負けたにもかかわらず

「僕たちここまで頑張って戦ったんですから勝ったことにしてください」

なんてこと通用しませんよね(笑)。

 

勝ち負けという「結果」ですべてが決まります。

スポーツ選手であれば年収や今後が決まります。

勝ち続けなければならない。

そんな厳しい世界です。

 

部活のレギュラー争いでもそうなのではないでしょうか?

上手い選手、試合で結果を出した選手が使われる。

そんな仕組みなはずです。

 

 

例えば、仕事。

 

営業成績や与えられた目標数値の達成。

まさに数字という結果がすべて。

それで出世やお給料が決まってきます。

 

頑張ったぶんだけ出世したりするとみんな社長です(笑)。

頑張ったぶんだけお給料が増えるのであれば会社は潰れてしまいます(笑)。

 

そう。

 

結果ですべてが判断されているんです。

 

 

主な3つの例を出しましたが、

他のどんな例にもほとんど当てはまります。

 

結果から目を逸らさないこと。

 

結果でしか周りは認めてくれないという事実。

 

だからこそ結果を出すことに執着してほしいと思います。

 

 では実際に勉強に置き換えて

どんなことを心がけていくべきかをお伝えしていきます!

 

 

結果に執着する勉強

 

 最も大切なことは、

 

どんなテストでも満点を取ることを目指す

 

ということです。

 

実際に取れるかはわかりませんが、常に「満点」を目標にします。

 

なぜ満点なのかというと

満点であれば誰も文句を言わないからです。

満点であれば周りは認めてくれるからです。

 

イコール「結果を出した」ことになります。

 

で。

 

ここからが大事なのですが、

 

そのためにどうする?

 

と自分に問いかけて、

テストで満点を取るための戦略を考えていきます。

 

例えば、1週間後に英単語30問の小テストがあるとします。

 

「そのためにはどうする?」と問いかけて、戦略を練ります。

 

1日目:15分かけて30個を紙に書きながら覚えこむ

2日目:昨日覚えた30個を10分でテストする。間違えた問題のみ集めておく。

3日目:昨日間違えた問題だけを5分で再テストする。5分で覚え直し。

4日目:昨日間違えた問題だけを5分で再テストする。5分で覚え直し。

5日目:10分で30個テストする。覚え直し。

6日目:10分で30個テストする。覚え直し。

7日目:10分で30個テストする。覚え直し。

 

このように「時間」と「内容」を具体的に書き出します。

 

そして「これだけやれば満点取れるだろ!」という計画表を完成させます。

とにかくぬかりなく。

 

人は「具体性」で動く生き物です。

漠然と「テスト勉強しよう」ではなく、

具体的に戦略を立てていくことで

やる気が上がり、目標達成にもつながります。

 

こうやって何が何でも満点を取ることを目標にします。

 

 

まとめ

今回は世の中の本質についてズバッと言い切りました。

 

世の中結果がすべて

 

まだ実感のない人がいるかもしれませんが、

いずれどこかで痛感することになるはずです。

 

向き合うのはしんどいし、大変だけど

本気で向き合った分だけ

本当の成長」や「本当の楽しさ」につながります。

 

ぜひ結果を出すべく戦略を練って臨んでもらえればと思います。

 

 

もっと詳しく知りたい方は下からどうぞ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/4zet3