海外塾講師ヒラ

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【大逆転勉強法】 本気で合格したい人だけ見てください。

f:id:benkyouseisekiup:20200926095410j:plainヒラです!

 

今回は3人のために書きました。

===================

①どうしても今から大逆転したい人

②成績・偏差値を爆伸びさせたい人

③本気で勉強人生変えたい人

===================

 

いきなりですが、断言します。

 

===

大逆転は、ほとんど起こりません。

===

 

僕はこれまで塾講師を10年間以上してきましたが、

その中で大逆転した生徒は10人もいません。

 

それだけ

ほとんど起こりえないのが「大逆転」です。

 

本当に数%です。

 

でもわずか。

 

ごくごく少数。

 

ほんの一握りの人だけが

「大逆転」を実現し、勉強人生を大きく変える。

 

今回は

これを可能にするお話をします。

 

もちろんこれをしたからと言って

100%大逆転が保証されるわけではありません。

 

あくまで確率、可能性の話です。

 

でも「大逆転する可能性」を

1%でも上げられるように本気でお話ししていきます。

 

戦略的にいきます。

 

そして、スパルタです。

 

「7ステップ」もあります。

 

すべて必要です。

 

1つの抜けも許されません。

 

【本気で覚悟決めた人だけ】

最後までご覧ください。

 

いきましょう。

 

目次 

 

◆【大逆転勉強法】本気で合格したい人だけ見てください。f:id:benkyouseisekiup:20201009105441j:plain

結論からいきます。 

 

【大逆転勉強法】7ステップ勉強法とは

===

①すべて勉強に捧げる

②志望校を決める

③志望校情報を手に入れる

④過去問を解く

⑤分析する

⑥対策する

⑦繰り返す

===

です。

 

順番にいきます。

 

①すべて勉強に捧げる

今回で最も重要です。

 

なので1つ目に持ってきました。

 

大逆転を本気で目指すなら

「すべてを勉強に捧げる」は絶対です。

 

これができなければ

大逆転は不可能だと思ってください。

 

「スマホをどうやったら手放せますか?」

とかそんな甘っちょろいこと言っていて

大逆転などできるはずがありません。

 

「自分がすることは勉強しかない」と強く誓い、

勉強に全投入してください。

 

その上でのキーワードいきます。

 

===

目が開いている時間はすべて勉強

===

 

1日は

睡眠時間と勉強時間」だけです。

 

食事中もトイレに行く時も

お風呂に入っている時も

通学中でも「ずっと勉強」です。

 

頭の中でも勉強できますし、

単語カードなどを持ち歩けば

いつでもどこでも勉強できます。

 

そうやって

今生きているすべてを勉強に投入してください。

 

寝ても覚めても勉強。

三度の飯より勉強。

3大欲求+勉強欲。

 

これを呼吸レベルで当たり前にしてください。

 

問題集にかじりつき、

問題を大量に質高く解きまくり、

睡眠時間以外すべて勉強です。

 

そんな日常です。

 

そしてこれが

ファーストステップです。

 

②志望校を決める

「強烈に行きたい志望校」を決めること。

 

これがここでのテーマです。

 

受験は

・本命校

・安全校

の大きく2つに分かれますが、

みなさんが目指しているのは「本命校」ですよね。

 

もちろん受験において

「安全校」を決めることはとても重要ですし、

実際に「安全校」は設定しますが、

大逆転を本気で目指すなら

本命校しか受けない」というくらいの覚悟は絶対に必要です。

 

===

本命校に落ちれば受験終了

===

 

これくらいの危機感を持つからこそ

本物の覚悟と力が発揮できます。

 

「本命校」を決めれば

紙に大きく書いて

毎日見えるところに貼っておいてください。

 

そして、毎日毎日貼り紙を見続け

「俺(私)は絶対に受かる」

と自分を鼓舞し続けてください。

 

・絶対に受かる。

・落ちるはずがない。

・落ちたら人生終了。

・必ず合格して周りを見返す。

 

こういう強烈な考え方がないと

大逆転などできません。

 

あとは

過去問も手元に常に持っておきたいです。

 

分厚い赤本や過去問ですが、

自分のモチベーションを上げてくれる最強ツール

となりえます。

 

そうやって

「貼り紙や過去問」と「今の自分」のギャップは何なのか?

を毎日毎日自問自答し続け、

ギャップを埋めていく行動を起こし続けてください。

 

③志望校情報を手に入れる

ここからは

いよいよ勉強に入っていきます。

 

「志望校情報の入手」は

紛れもなく勉強です。

 

なんなら大逆転するために

最も重要な勉強」と言ってもいいです。

 

===

ゴールだからです。

===

 

志望校情報とは

===

・入試日程

・入試情報

・合格最低点

・合格者平均点

・入試科目

・問題傾向や配点

===

などに当たります。

 

とにかく洗いざらい

すべてを研究してください。

 

わからない所はプロである先生に聞いて確認を取り、

「どうすれば合格圏内にもぐり込めるのか?」

を明確にします。

 

これらがないと

ゴールがないので勉強していけません。

 

「どんな勉強をしていけばいいのか?」

も不明確なので大逆転できるはずがありません。

 

志望校情報は

過去問や先生、実際に合格した声、

志望校の説明会や担当者に問い合わせる

などを参考にしてください。

 

ネット情報は

嘘か本当かわかりかねるので

あまりオススメしません。

 

情報は集められるものは

すべて集めてください。

 

④過去問を解く

志望校情報が集まりましたので

ここからはいきなり過去問を解いていきます。

 

必ず先ほど集めた

志望校情報の数字などは

「頭に完全にインプットした上で」です。

 

志望校情報の暗記は必須です。

 

時間を計って本番同様の時間で

全教科、全年度解きます。

 

まったく歯が立たなくてもいいですし、

酷い点数でも構いません。

 

とにかく現状を知ってください。

 

丸つけして、点数を出します。

 

そこで

合格に必要な点数との「差点」を出します。

 

たとえば

あと70点足りない」と必ず「数値化」しておきます。

 

この「70点」が

みなさんの取るべき点数であり、目標です。

 

ここで

「え?基本は固まっていないくてもいいの?」

と思うかもしれません。

 

もちろん時間に余裕があるなら

基本を固めてから過去問が王道です。

 

でも今回は「大逆転勉強法」ですので

あまり時間がない、短期間でなるべく合格に近づきたい、

という人向けでお話ししていますので

今回は過去問から開始しています。

 

なので

まだ時間に余裕のある非受験生は

「1冊極める」という

基礎を固めてから過去問を解く」にした方がいいですね。

 

⑤分析する

ここからが本当に重要です。

 

最も時間のかかる勉強の始まりです。

 

この段階でのみなさんは

現状、「志望校情報」を頭に完全インプットし、

過去問を全教科、全年度解いて「差点」を出しました。

 

勉強にすべてを捧げてもいます。

 

さて。

 

ここからは

過去問を徹底的に分析していきます。

 

「過去問」と「自分の答案」を見ながら

すべて紙に書き出してください。

 

次の5つです。

 

===

(1)どんな問題がよく出ているかを書き出す。

(2)自分が落とした問題の共通点を書き出す。

(3)自分にとっての苦手問題を書き出す。

(4)どういった点数配分で点数獲得するか書き出す。

(5)各大問ごとの目安制限時間を書き出す。

===

 

こうやって

「過去問」と「自分の答案」を眼見しまくり

徹底的に思考して、分析して、書きまくっていきます。

 

時間をかけてじっくりしていきます。

 

時間をかけて書きまくったことが

みなさんオリジナルの合格するため戦略」です。

 

===

(1)頻出問題の演習

(2)失点問題の炙り出し

(3)その問題の克服

(4)合格点獲得に向けた点数配分

(5)合格点獲得に向けた時間配分

===

 

「(1)〜(5)を潰していく勉強」が

「大逆転勉強法」です。

 

戦略を立てて勉強していくからこそ

合格率は少しずつ上がっていきます。

 

⑥対策する

「⑤分析する」で

徹底的に作り上げた戦略通りに勉強していきます。

 

重要なのは次の3点です。

 

====

・基礎に立ち返る

・該当問題を潰す

・戦略の練り直し

====

 

順番にいきます。

 

・基礎に立ち返る

過去問を解いてて戦略を練っただけですので

基礎が固まっていないかもしれません。

 

ここで

分析した過去問の問題傾向から

頻出単元内の基礎をまずは徹底して固めていきます。

 

「過去問▶︎基礎に戻る」という流れです。

 

そのためには

過去問と同程度かそれ以上の問題集を

準備する必要があります。

 

基本的には目の前の問題集でもいいですが、

もし過去問とレベルが違いすぎるなら

変える必要性も出てきます。

 

この辺りは

過去問とお手持ちの問題集をよく見比べて

検討してください。

 

・該当問題を潰す

分析から練り上げた戦略通りに潰す勉強をして

対策していきますが、

ここでは「該当問題」を潰していきます。

 

「基礎固め」と並行して

「苦手弱点・問題」も潰さないといけません。

 

並行が難しければ

基礎固めを優先していただいてもいいですが、

少し厳しいことを言うと

それでは大逆転できる可能性は低くなってきます。

 

「やれることを全部する」のが

大逆転勉強法だからです。

 

冒頭で僕は

戦略的にいきます。

そして、スパルタです。

「7ステップ」もあります。

すべて必要です。

1つの抜けも許されません。

と言いました。

 

時間的にいけそうなら

優先順位を考えて貰えばいいですが、

「基本的にはやる」ことを僕はオススメします。

 

優先順位をつけると

どうしても甘えが出てしまいますので。

 

たとえば

「朝には基礎固め、夜に苦手克服」と

時間帯ごとで分ければ並行して進めることは可能です。

 

常に自分に厳しいスタンスでいてください。

 

・戦略の練り直し

対策していく過程で

戦略を練り直す必要があるかもしれません。

 

点数配分や時間配分、

「どう考えても取れない問題」は捨てないといけませんし、

受験は時間との戦いですので

時間に間に合わなければ、捨てる必要性も出てきます。

 

入試当日に

「合格最低点」が取れればいいですので

アベレージで考えてください。

 

たとえば、極端な話、

「数学と社会が酷い点数でも他でごっそりとって

合格最低点にギリギリ食い込めました。」

は正解です。

 

受験は

「合計点数での戦い」です。

 

苦手はあってもいい。

でも致命傷だけは防ぐ。

基礎的で取れる所は最低限とる。

そして

合計で合格最低点をもぎ取る。

 

こういう人が受かります。

 

そして

大逆転を可能にします。

 

「その教科単体」を見るのではなく、

全体の教科バランス」を見てください。

 

とうぜんこれを考えるのは

一人では難しいですので

可能な限り「先生」を頼ってください。

 

「戦略を立てる」のはまず自分。

でも対策する中で「戦略の練り直し」が

どうしていいかわからないときは

相談して解決したほうがいいです。

 

「本当にあっているのか?」

という不安も防げます。

 

そして

勉強に1点集中できますので。

 

⑦繰り返す

ファイナルステップです。

 

ここまで

====

①すべて勉強に捧げる

②志望校を決める

③志望校情報を手に入れる

④過去問を解く

⑤分析する

⑥対策する

====

という6つのステップをを踏んできました。

 

入試までは

これらをひたすら「繰り返す」だけです。

 

繰り返す中で

必ず「成長」していってください。

 

つまり、少しずつでも

「合格に近づくことを実感できる勉強をする」

ということです。

 

一番わかりやすいのが

「過去問の点数」ですね。

 

繰り返し時間を計って解く中で

点数が上がっているのか?

を確認してください。

 

「答え」を覚えているかもしれませんが、

====

答えではなく、

「解き方や考え方」が説明できて、

はじめて○にする

====

という基準で勉強にあたります。

 

①すべて勉強に捧げる

▶︎入試が終わるまでずっと

 

②志望校を決める

▶︎もう決まっているのでカット

 

③志望校情報を手に入れる

▶︎新情報が出るかもしれないので逐一確認。

基本的にはこれまでをベースにする。

 

④過去問を解く

▶︎繰り返し解き続ける。3周はしたい。

 

⑤分析する

▶︎過去問が終われば

自分の答案を見て繰り返し分析する。

分析は1回で終わりではない。入試が終わるまでずっと。

 

⑥対策する

▶︎分析から戻って学習を繰り返す。

基礎に戻り、苦手に戻って飽きるほど繰り返す。

 

このように

自分に必要なステップを

繰り返しまくります。

 

合格する体にしていく」イメージです。

 

「合格する問題の解き方ができる体」です。

 

アスリートや

プロスポーツ選手のような感じです。

 

「試合で勝てる体」に仕上げていく練習を

我々の想像を絶するほどしているはずです。

 

みなさんもそうなるんです。

 

問題を見た瞬間に

・解く順番

・解く時間

・取る問題

・捨てる問題

が体に完全に落とし込めている、

血肉化できている状態です。

 

なので

必要以上に焦りませんし、

ただ戦略通りに準備してきた通りに

当日問題を解くだけ。

 

これが大逆転合格者の特徴です。

 

これを実現するためには・・・

 

勉強にすべてを捧げるしかありません。

 

◆まとめ

今回は

 

【大逆転勉強法】

本気で合格したい人だけ見てください。

 

というテーマでお話ししてきました。

 

===

①すべて勉強に捧げる

②志望校を決める

③志望校情報を手に入れる

④過去問を解く

⑤分析する

⑥対策する

⑦繰り返す

===

 

冒頭の繰り返しにはなりますが、

「大逆転はほとんど起こらない」。

 

これが「現実」です。

 

今回お話ししてきたことをすべて実践すれば

合格率が上がることは保証できますが、

それでも本当に合格できるかどうかはわかりません。

 

合格できるかわからない。

すべて勉強に捧げたけど落ちるかもしれない。

合格掲示板に自分の番号がないかもしれない。

 

こういう不安に苛まれながら

受験勉強をし続ける。

 

この地獄のような日々に

打ち勝つ覚悟があるかどうかです。

 

みなさんは打ち勝ってください。

 

陰ながら応援しています。

 

自分の人生を本気で変えたいなら。

人生で一番勉強する覚悟を決めたのなら。

「大逆転合格する」という誓いを立てたのなら。

 

いつの日か「大逆転合格しました」

というご報告が聞けることを楽しみにしています。

 

僕はずっと待ち続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

【受験の極意】を発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

  

◼︎LINE@

(登録後『高校受験 偏差値70を超える【7つの勉強法】』を無料でお渡しします。

個別での質問対応もしています!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun