海外塾講師ヒラ

このブログは中学生時代どれだけ頑張っても偏差値が1も上がらなかった僕が様々な勉強方法を10年以上学び、指導し、編み出した偏差値70を超える勉強方法です。「トップ高校に合格したい!」、「努力しても成績が上がらない」と悩んでいる人たちのお手伝いをこのブログを通して全力でさせていただきます。

【裏技】定期テスト前日の過ごし方 【高得点を取る4つの方法】

f:id:benkyouseisekiup:20200720003527j:plain

ヒラです!

 

今回は3人のために書きました。

=====================

①定期テストまでもう時間がない人

②テスト前日の勉強法が知りたい人

③テストに向けて最後の追い込みをかけたい人

=====================

 

テスト前日に何をすればいいですか?

 

めちゃくちゃ多い質問の1つです。

 

今回で解決します。

 

ただ前日なのでそれほど時間もありませんし、

非効率でダラダラできません。

 

効率重視で

なるべく最短で完了させる方法にします。

 

4連発いきます。

 

4つすべて

意識してやっている人は

けっこう少ないんじゃないかと思います。

 

なので

タイトルに【裏技】とつけています。

 

最後まで見ていただけると分かりますが、

「え?それって裏技でもなんでもないやん」

となることを目指します。

 

裏技って

===

・ほとんどの人がやっていないこと

・割と当たり前のこと

・結果が出ること

===

という3拍子が揃っていることだと

僕は思いますし、

これら3点を基準に考えていますので。

 

特に「最後4つ目」は

「え?」っていうくらい恐ろしくシンプルです。

 

早速いきましょう。

 

目次 

 

◆【裏技】定期テスト前日の過ごし方【高得点を取る4つの方法】f:id:benkyouseisekiup:20200716122534j:plain

結論からいきます。 

 

【裏技】定期テスト前日の過ごし方

【高得点を取る4つの方法】とは

===

①×のみ高速回転

②五感フル活用

③前回の答案でイメトレ

④即寝る

===

です。

 

順番にいきます。

 

①×のみ高速回転

「定期テスト前日の状態」を想像してみてください。

 

よほどの人でない限りさすがに

学校ワークなどの「提出物」は

すべて終わっていることでしょう。

 

これまでの学校教材を

すべて引っ張り出してきます。

 

それらをパラパラしながら

間違えた問題」のみに注目していきます。

 

このときの考え方はただ1つ。

 

===

これ明日出るかもしれない

===

 

人は「自分に必要なこと」でないと

記憶しづらいです。

 

だからこそ

「自分に必要なこと」=「これまで間違えた問題」

という考え方に持っていくんです。

 

もう一度、言います。

 

間違えた問題は明日出るかもしれない

と強く思ってください。

 

僕は塾講師を10年していますのでよく分かりますが、

先生は生徒が

「よく間違える問題」「間違いやすい問題」

をテストに出したがります。

 

そりゃそうです。

 

だってそこが

「できるかどうか」を確認したいからです。

 

「やらしいな、もう」と思われるかもしれませんが、

逆手にとると

「はいはいこれね、明日テスト出てくるんでしょ、ティーチャー」

といってニヤっとして最後確認しておけばいいんです。

 

とにかく時間の許す限り

何周もしておいてください。

 

===

「明日出るかも」と考えつつ、

間違えた問題のみを目で追っていく

===

 

この高速回転です。

 

1周終われば次の2周目を開始し、

終われば次の3周目を開始する。

 

これを時間を決めて

ただ繰り返すだけです。

 

そうすれば

間違えた問題が頭に入ります。

 

明日テストで時間がないので

「答えを覚えておくだけ」でもいいです。

 

解き方や考え方はもちろん重要ですので

余裕がありそうならしておいてください。

 

また

「小テスト」などあれば

それも間違えた問題のみを

高速回転しておきたいですね。

  

②五感フル活用

①×のみ高速回転」で

お話しした内容の上位互換の話いきます。

 

それが

五感フル活用」です。

 

「定期テスト=暗記テスト」です。

 

いかにテスト範囲内容を頭にぶち込めるか

がすべてです。

 

「前日」という時間がないので

強制的にでも頭にぶち込もうと思えば

五感をフルに使い倒します。

 

主に

の3点です。

 

===

目でみて、口に出し、耳で聞く。

===

 

こうやって

なるべく使える五感を使い倒します。

 

お経を唱えるように

ひたすらブツブツ言いまくってください。

 

大量にこなし、

触れる回数を上げれば上げるほど

ヒットしやすくなりますので

「明日のテストで出る確率」は

どんどん上がっていきます。

 

確率を上げるために

五感をフル活用するんです。

 

そして

記憶に落とし込みやすくする。

 

原点に戻ってみてください。

 

小さい頃の勉強は

声に出しまくっていませんでしたか?

 

教科書の音読や九九など

目でみて、口に出し、耳で聞く。

 

こういう勉強が

日常茶飯事だったはずです。

 

ほとんど挫折することなく

全員乗り越えられましたよね。

 

もちろんこれがすべてとは言いませんが、

「五感のフル活用」が少なからず影響していたことと思います。

 

今ここで「原点」に戻り

ブツブツお経を唱える

「お経勉強法」を実施してみてください。

 

「不安」だというところは

できる限りすべて

10回でも20回でも声に出すだけです。

 

1時間も集中的に声に出しまくれば

かなりの量を押さえられます。

 

「たった1時間」でも

本当に集中してやり込めば

かなり身についた勉強ができます。

 

自分の目と口と耳で

テスト範囲内容をザッとでいいですので

フル活用してください。

 

その「目で見て、口に出し、耳で聞いたこと」が

明日の1点」になるかもしれません。

 

③前回の答案でイメトレ

これは意外なほど

やっていない人が多いです。

 

それが「イメトレ」です。

 

「イメトレ」は僕もそうですし、

生徒ともめちゃくちゃします。

 

要は

戦略立て」です。

 

明日のテストに向けての

「戦い方」を練っておくんです。

 

具体的には

前回の答案」を見ます。

 

最悪なくてもいいです。

 

そして

・どんな問題が出るのかを予想

・どんな点数の取り方をしていくのか?

・どこから解いていくのか?

の3点を「イメトレ」します。

 

前回の答案を見ながらだと

これがイメージしやすいです。

 

テスト本番中をイメトレすることで

テストへの不安が少しは和らぎますし、

「今」すべきことも見えてきます。

 

本当に具体的に

この大問には何分かけて何点くらい取る

と明確にイメージできれば

明日はその戦略通りに準備したまま

ただ問題を解けばいいです。

 

イメトレが難しければ

紙に書き出しておいて

テスト当日やテスト直前に確認しておくといいです。

 

テストが始まれば

あとはその戦略に則って解いていく。

 

これだけです。

 

あと「逆転の発想」ですが、

「減点法」で戦略を練るのもありです。

 

たとえば

「90点超え」を目指すなら

「10点失点」していいわけです。

 

なら「どこで10点落とそうか?」

と決めておくんです。

 

「10点失点」はギリギリなので

「目標は5点失点」などにしておくのがいいです。

 

「5点失点してもいいところ」を

前もって決めておいて

「そのほかは全部取り切る」。

 

こういう戦略です。

 

もちろんあくまで

イメトレなので

当日崩れることはありますが、

前回の答案を見れば

定期テストなので高い確率でヒットするはずです。

 

===

こういった準備を

しているのか、していないのか?

===

 

本当に大きな「差」となります。

 

「前回の答案でイメトレ」はそこまで時間がかかりませんし、

実際、点につながることは多いですので

数分〜数10分でもぜひやってみてください。

 

④即寝る

ある意味、今回の中で最も重要です。

 

===

やることを即完了させ即寝る

===

 

はい、これだけです。

 

恐ろしくシンプルですよねw

 

でも本当にとてつもなく重要なことです。

 

重要すぎるので

もう一度、言っておきます。

 

===

やることを即完了させ即寝る

===

 

===

やることを即完了させ即寝る

===

 

あ、2回言うてもた。

まあええや。

 

それくらい重要なんですw

 

僕が学生時代に戻って

自分に本当に言いたいことの1つ。

 

「テスト前、早よ寝えや」。

 

これですw

 

お母さんみたいなことですが、

本当に本当に大切なことです。

 

僕は一度、

高校時代に実験したことがありました。

 

やらんとアカン勉強あるけど、

捨てて、早よ寝て明日テストに備えるか?

 

やらんとアカン勉強はやらんとアカンから

徹夜して明日テストに備えるか?

 

通算3回ほどしましたが、

3回とも前者の方が点数が取れました。

 

それも圧勝で。

 

徹夜したときのこと」について少し話します。

 

徹夜したときは

「満足感」を残したまま寝ました。

 

「よし!やり切った!」と思って

達成感を得て寝ました。

 

ここまでは「喜劇」でした。

 

でも朝起きてからが「悲劇」でした。

 

「まぶた取れるんちゃうか」と思うくらい

めっちゃ眠いんです。

 

当たり前ですよねw

 

睡眠時間が

3時間とか4時間ですので。

 

そして、「テスト中」。

 

頭が回転せず全然集中できない。

 

昨日覚えたことが

あまり覚えられていない。

 

まぶた取れそうになりながら

問題の文字を追っていく。

 

問題内容が頭に入らない。

 

あれ?解けない?

 

嘘やん。。。

徹夜して追い込んだのに。

 

おいおい、堪忍してえな。

 

結果、惨敗。。。

 

答案が返却されてみてみると

思った以上に酷い点数。

 

取れるはずの問題ですら取れていない。

 

・計算ミス連発

・スペルミス連発

・問題の読み間違い連発

 

見事なまでの大量失点。

 

あ、おわた。

 

とまあこんな感じですw

 

良い思い出ゼロの

後悔でしかない過去です。

 

この話はあくまで僕の経験なので

もちろん「絶対」ということはありませんが、

それでも僕は声を大にして

即寝るべき」だと思います。

 

たとえやり残したことがあったとしても」です。

 

「徹夜する」より

「早く寝て少し早く起きて最後詰める」方が

何倍も結果が出せると思います。

 

最後にみなさんへ。

 

・以上のことから言いたいこと

・今から言うこと

は肝に銘じておいてください。

 

いきます。

 

===

睡眠で点数は大きく変わる

==

 

みなさんは

 

やることを完了させれば即寝ますか?

 

それとも

 

徹夜してテスト本番を迎えますか?

 

◆まとめ

今回は

 

【裏技】定期テスト前日の過ごし方

【高得点を取る4つの方法】

 

というテーマでお話ししてきました。

 

===

①×のみ高速回転

②五感フル活用

③前回の答案でイメトレ

④即寝る

===

 

これら4つを

できる限り多くしてみてください。

 

ネネちゃんのママの料理の味くらい

何回もしつこいですが、

一番は「即寝る」です。

 

睡眠時間が減りそうなら

即寝て、明日早めに起きて

最後できる限りの詰めをしてください。

 

4つ全部できなくてもいいですので

睡眠を優先し、睡眠時間だけは確保してください。

 

前日なので

そんなに多くのことはできません。

 

「自分に必要な勉強だけ」して、

できれば早く寝て

明日のテストを迎えてください。

 

みなさんのテストが

良い結果になることを祈っています。

 

頑張ってくださいね。

 

行ってらっしゃい。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事が

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

Twitter・YouTube・LINE@もやっています!

フォローしていただけると嬉しいです!

ガンガン絡んでくださいね😁

 

◼︎Twitter
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

【受験の極意】を発信しています!)
https://twitter.com/hirastudy

 

◼︎YouTube
(偏差値30から偏差値70のトップ校に合格する

考え方や勉強法を授業形式で発信しています!)
https://www.youtube.com/channel/UCpxpcJZSb5EXrSFZE6n-BkQ/featured?view_as=subscriber

  

◼︎LINE@

(登録後『高校受験 偏差値70を超える【7つの勉強法】』を無料でお渡しします。

個別での質問対応もしています!)

http://nav.cx/9d1O8PW
ID検索▶︎@179aadun